バレーボールをすると身長が伸びるって本当?!伸びる理由は?

バレーボールをしている方や、これから始めたい!と考えている人が必ず気になるのは身長についてが多いですよね。

身長が低いと活躍できないのではないか、また活躍する為に身長を高くしたい!中には身長が低いことに悩んでいて、バレーボールをしたら高くなるだろうか、と考える人もいるようです。

そんな気になる身長とバレーボールの関係性について、詳しく解説していきましょう。

バレーボールに身長は関係あるのか

まずは、女子バレーについてです。

まず一言で言うと、女子バレーに関してはポジションによっては身長はあまり関係しません

リベロと言うポジョンの場合は、150cm位からの選手もいます。

ボールを拾うポジョンなので、ボールの下に入る為に低い方が良い、と考える場合もあるようですよ。

しかし、ウィングスパイカーやミドルブロッカーとなると話は別です。

相手にポイントを決めたり、相手の攻撃をブロックする訳ですから、当然ネット際で戦える背の高さが必要になり、大体175cm以上が求められます。

反対に男子は、世界的にも女子よりも平均身長も高く、リベロであっても小柄な人は少ないようです。

大体リベロの平均は175cm、ウィングスパイカーやミドルブロッカーなど他のポジションでも190cmが平均になります。

こうして見ると、性別で少し差はあるものの、総称してバレーボールは身長が必要な競技だと言える事が分かります。

特にバレーボールに関しては、同じ背の高い人が多い競技のバスケットボールなどと違いネットがあるので、やはり最低でもネットから手が出るくらいの身長は欲しい所なのです。

バレーボールを行う事で背は伸びるのか

バレーボールを行うと身長が伸びるのか気になるところですが、まずは身長が伸びる仕組みからお話ししますね。

骨が伸びる為には骨の軟骨組織が関係していて、この軟骨部分を「骨端線」と言います。

この骨端線に縦の刺激が与えられると骨が成長しやすく、この縦の刺激というのが「ジャンプ運動」になります。

このジャンプ運動により着地の際の刺激が背を伸ばすのに効果的と言われているのです。

「ジャンプ競技」とも呼ばれるバレーですが、その名の通りスパイク、サーブ、ブロックなどでジャンプを頻繁に行いますよね。

高いジャンプからの攻撃の方が威力が出るので、得点に繋がりやすく、身長と共に高いジャンプ力も求められるので鍛えられるのです。

またジャンプ運動だけでなく、全身運動も合わせた方が身長を伸ばすのに効果的なので、バレーボールはそういった点で身長が伸びやすい競技と言われるのです。

身長と運動については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく解説していますよ。

やりすぎは注意!

しかし、運動を中心にせを伸ばそうとした時に注意して欲しいのが「過度のトレーニング」です。

あまりにも強すぎる負荷のトレーニングは、背を伸ばすどころか逆効果を生んでしまうこともあるので気を付けましょう。

ストレッチなども効果的で、曲げる、ひねる、反らすなどのストレッチは血液循環が良くなり、骨にも栄養が届きやすくなりますよ。

バレーボール中のケガにも注意が必要!

バレーボールをする上で、注意したいのがケガです。

とくにジャンプ後の着地では、上手く着地しなければ靭帯を損傷したり、膝を痛めたりするでしょう。

時には骨端線を痛めていまうかもしれないのです。

こうした骨端線の損傷は、成長期であれば身長の伸びに影響を及ぼしますし、成人間近であればこれ以上の身長の伸びは期待できない状態になる事もあります。

バレーボールプレーヤーに限らず、あらゆるスポーツ選手は、骨端線付近を痛めるようなケガにはなるべく注意が必要です。

かといって、スポーツにケガはつきものですから、サポーターやテーピングなどを上手に活用して、足に纏わるケガ対策をしてあげましょう。

また、こうしたスポーツをプレーをする時には、硬くなった筋肉をよくほぐして、柔軟にしておく必要があります。

バレーボールといっても、専属トレーナーや栄養指導がつくようなプロの場合や、個人で全部管理しなければならないようなアマチュアでは、ケガリスクやケガ後の対策に大きな違いがありますよね。

素人がバレーボールを全うするならば、十分な自己管理が必要です。

バレーボールシューズを上手に選ぼう!

また、ケガを防ぐためにも、バレーボールシューズはしっかり選びたいものです。

ブカブカすぎたり、きつすぎたりする靴は、余計に足を痛めたりケガを引き起こす要因となります。

靴選びのプロであるシューフィッターや、バレーボールプレーに詳しい人からの意見を聞いて、自分にピッタリのシューズをセレクトしましょう。

とくに、部活などでバレーボールをスタートする成長期のお子さんは、身長が伸びるラストスパートの時期ですから、足に負担をかけないシューズがあると安心ですね。

バレーボールはストレス解消効果も!

バレーボールを始めるとすれば、部活選びがきっかけになることが殆どです。

趣味程度で、地域バレーなどに親子で加入しているケースもあるでしょう。

バレーボール選手を目指さなくとも、バレーボールには、身長を伸ばしやすくするストレス解消効果もあります。

こうした団体スポーツはチームワークが大切で、勝利した時の爽快感は日頃のストレスを解消してくれるでしょう。

また、体育館などの屋内スポーツであるため、雨天などの悪天候に左右されなくてすみます。

こうした安心や達成感は、下垂体から成長ホルモンをスムーズに分泌させてくれるのです。

バレーボールのジャンプだけが身長を伸ばしやすくするのではなく、このようなストレス解消効果も重なって身長をより伸ばしやすくするのです。

バレーボール以外にもある?身長を伸ばしやすいスポーツ

身長を伸ばしたいために、バレーボールを始めてみたけれども、いまいち長続きしなかったり、なかなか練習に参加できなかったりという方は、自宅でも簡単にできるジャンプ運動があります。

低コストでスタートできる、縄跳びなどはいかがでしょうか。

これなら、広い室内であれば自宅でもできます。

また、小学生くらいの身長を伸ばしてあげたい時期のお子さんにも勧めやすい運動です。

毎日数分を日課にするのが良いでしょう。

「バレーボールじゃなくてもよいから、身長を伸ばしたい!」という人は、縄跳びを取り入れるのもよいですね。

忘れてならないのが、コンクリートなどの固い場所での強い着地は、骨端線を痛めるので控えましょう

また跳び方としては、息を切らすぐらいのハードな跳び方を続けるのは避けましょう。

バレーボール以外にも充実させたい食事と睡眠

また、せっかく運動で受けた刺激を無駄にしない為に、栄養もバランスよくしっかり摂りましょう。

バレーボールだけを一生懸命にやっていても食事が偏っていたり、睡眠不足であったりすれば、身長をスムーズに伸ばすことは難しくなりますよね。

こうした規則正しい生活をすることは難しいことなのです。

とくに成長期世代では、スナック菓子やジャンクフードなどの嗜好に惹かれて、バランスの悪い食生活に傾く事が多くなります。

バレーボールを生涯続けるためにも!

バレーボールは一度やり始めると、将来的にも継続できるスポーツです。

よく、「ママさんバレー」や「地域対抗バレー」などでも、活躍しているママさんや中年男女もいるでしょう。

こうして将来的にバレーボールを継続させるためにも、若いうちからバレーボールに適した身長を伸ばしておくと、様々なポジションやプレーで活躍できる事間違いなしですね。

栄養の補助は身長の伸びるサプリを併用!

特に成長ホルモンを促す「アルギニン」は体の中では作られず、外部から取り入れるしかないので、サプリメントなどもうまく利用して摂取しましょう。

最近は、成長期のお子さんに適したタイプの身長を伸ばすサプリが販売されています。

親が適したサプリを見極めて、お子さんに提供するのがベストでしょう。

また、成長期を過ぎてはいても「もう少し身長を伸ばしたい」と考えている人にも、適した身長を伸ばすサプリがありますので、諦めないでチャレンジしてみましょう。

まとめ

バレーボールは、やはり身長が必要な競技ですが、バレーボール自体が身長を伸ばすのに向いている競技でもあります。

部活やアマチュア、プロなど様々な立場で、バレーボールのポジションに有利な身長目標も違ってくるでしょう。

いずれにせよ、身長が高い方がポジションの幅も広がりますし、プレー内容によっては、効率良くキメる事ができるのです。

さらには、こうしたジャンプ運動をするだけでなく、適切な運動と栄養そして睡眠でしっかり疲労を回復して、どんどん背を伸ばしましょう!

その一つの方法として、身長を伸ばすサプリも身長の伸びをスムーズにしてくれるはずです。

>>バレーボールと併用したい!身長を伸ばすサプリ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です