水泳をしたら身長は伸びやすい?!身長アップにつながる理由

子供の身長を伸ばしたい親御さんの中には、スポーツを始める方が非常に多いです。

そこで、どんなスポーツが身長を伸ばすのに効果的なのか?

水泳と身長の関係について、説明していきたいと思います。

お子さんの幼少期から、児童期にも習い事としてさせる事の多い水泳に着目してみましょう。

身長を伸ばすのに適した運動は2つ!

身長を伸ばすために運動を始めたい場合、抑えて欲しいポイントが2つあります。

両方当てはまればもちろん良いですし、片方でも体へのアプローチはあります。

1つ目は「骨に対して縦方向の刺激が加わるもの」。

主に、下半身の骨をメインに縦方向の刺激を与えるのが望ましいのです。

しかし、この縦方向の刺激というのが、なかなかイメージしにくいですよね。

簡単に説明すると、上下に揺れるものであれば縦方向の刺激になるので、ジャンプをするバスケットバレーボールはこれにあたります。

2つ目は「骨が伸びる時に関わる軟骨に刺激を与えられるもの」。

これは、上下運動でももちろん刺激を与えられるのですが、この場合は全身運動のことを指します。

これには、水泳が当てはまりますよ。

総称して言うと、幼い頃は何かスポーツをしなくても、思い切り体を動かして遊ぶ事をしていれば良いのです。

幼い時期はルールのあるスポーツよりも、好奇心のままに動き回れる外遊びの方が、たくさん遊べる事もあります。

この2つのポイントは、あくまでスポーツを始める際の目安として下さい。

身長と運動については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく説明しています。

身長の伸びる泳ぎとは

 泳ぐと言っても、身長を伸ばしやすい泳ぎ方はあるのでしょうか。

 そうした泳ぎ方があれば、積極的にお子さんに励んでもらいたいものです。

 次のような泳ぎ方を参考にして、プールでの泳ぎを成長期に相応しいものにして下さい。

 クロールや背泳ぎは縦方向の強化!

泳ぎ方の中でも、クロール背泳ぎ縦方向の運動に値します。

また、どちらも背筋がピンと伸びるので、姿勢も正しくなり、余計にスラリとした体型に近づけるでしょう。

多種の泳ぎを組み合わせる

またクロールや背泳ぎの他にも、平泳ぎやバタフライなどの泳ぎ方ができるのであれば、それらを複合的に取り入れて泳いでみましょう。

泳ぎ方それぞれに働きかける部分が違うため、成長の為にはとても良い効果が発揮できます。

 泳ぐ前の軽いストレッチが効果的

泳ぐ前に軽いストレッチなどを加えると、筋肉に負荷をかけ、それを回復させるために成長ホルモンの分泌が上昇する事が期待されるでしょう。

注意したいのが、筋肉が必要以上につかないように、ストレッチをパワフルにしてしまわないようにしたいものです。

これらは、あくまでも参考にして、自分のできる範囲で励んでもらいたいものです。

水泳と身長の関係は

先程も述べたように、水泳は身長を伸ばすのにとても良い運動だといえます。

実際に、水泳選手は体格のいい人が多いです。

水泳は骨端軟骨への刺激があるだけではなく、精神的ストレスの解消効果もありますよ。

適度に水泳をする事でストレスを解消し、身長を伸ばすチャンスを逃さないようにしたいものですね。

お腹がすく

水泳後は、とてもお腹が空きます。

 食欲が増す事で、様々な栄養豊富な食べ物を摂取する事ができるため、栄養摂取という意味でとても効果的なのです。

ぐっすり熟睡

水泳後は疲れて眠くなるので、すぐに熟睡できるでしょう。

 睡眠中に分泌される、成長ホルモンの恩恵を十分に受けてほしいものです。

 子供の体に優しい運動

体を満遍なく動かす水泳は、バランスの良い筋肉や骨を作るのに効果的

更に水に浮いているので、体への負担も必要以上に大きくなるのを防いでくれます。

思春期に過度なトレーニングなどすると、骨端線が早く閉じてしまい成長には逆効果を生む…という点からも、これは非常に大きなポイントです。

水泳は無酸素運動と有酸素運動の一挙両得!

水泳は水に顔をつけている時、筋肉に負荷をかける無酸素運動です。

そこで、破壊された筋肉を修復しようと、成長ホルモンが盛んに分泌されるでしょう。

一方、息継ぎの時の有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果が高いため、引き締まった体作りを目指す方に向いています。

この水泳特有の無酸素運動と有酸素運動をうまく利用しながら、身長と適度な筋肉もつけて理想の体型を作ってあげたいものです。

夏休みのプールは身長を伸ばす絶好のチャンス!

夏休みになると、学校ではプール解放をするところが殆どでしょう。

こうした夏休みのプールを、成長期に利用しない手はないですね。

泳ぎが苦手なお子さんだと、プールに通うのが嫌だと言う事もあるでしょう。

ですが、泳がなくても、歩くだけでも体に負荷がかかるため、成長ホルモンの分泌は良くなりますよ!

ぜひ、プールを利用してくださいね。

成長期に通う、プールのメリットは以下のようなものです。

お腹が空いたら間食も!

夏休みのプールでしっかり泳ぎ終わった後には、かなりお腹が空くでしょう。

自宅に帰ったら、そのタイミングで身長に良いとされる、成分の配合された食べ物を与えてあげると吸収も良いですね。

この時に、成長期に必須な栄養不を効率よく摂取できる、身長を伸ばすサプリを与えるのも良いです。

水泳の後のぐっすり昼寝

水泳の後はかなり体力消耗で、睡魔に襲われるお子さんも少なくないでしょう。

実際に水泳を経験したことのある人ならば、水泳後の疲れや眠気は経験済みですね。

お子さんが夏休みのプールから帰宅したら、お布団でしっかり昼寝をさせて下さい。

実は、これが成長の鍵を握るのです。

実際に、プールから帰宅してぐっすり睡眠をとる生活を続けたら、「夏休みだけでも数センチ身長が伸びた」というお子さんも少なくありません。

この結果から、睡眠は成長ホルモンの分泌を良くするのです!

泳げなくても大丈夫!?

泳げないお子さんにとって「プールの時間は面白くない、行きたくない」と感じる事は珍しくありません。

泳げなくとも、歩くだけでも良いのです!

できる事ならば、プールに潜って無酸素運動の状態にしてあげると、負荷のかかった筋肉を回復させようと、成長ホルモンの分泌が盛んになりますよ。

あくまでも、プールはお子さんのストレスないように、楽しめる事が課題となるでしょう。

運動後のケアも大切!

運動後は、きちんと体をストレッチして縮んだ軟部組織をほぐし関節、軟骨のケアを行う事も大切です。

血行を良くする事は、骨への栄養も促進させます

ですから、この血行良いタイミングで身長を伸ばすのに良いとされる栄養を取り入れると、よりスムーズに栄養が吸収されるのです。

食事でなくても、サプリでも効果は同じように、それ以上に得られる事でしょう。

睡眠、食事も背を伸ばすには大切なポイント!

運動をして、筋肉をつける事で成長ホルモンが分泌されやすくなります。

また、運動をすることにより空腹感を作り、運動で適度な疲れを持つことにより良質な睡眠が取れます。

ただ運動をしているだけでは、背は伸びません。

運動にプラスして栄養睡眠も非常に大切なポイントですので、こちらも意識してみましょう

栄養面ではカルシウムたんぱく質アルギニンが大切です!

日々の食事の中で摂るのが大切ですが、サプリメントなども利用してうまく摂取しましょう。

まとめ

水泳は全身運動が出来るので、その点で身長を伸ばすのに向いているスポーツといえます。

特に、クロールや背泳ぎは縦方向の運動ができるため、効果が高いと言えるでしょう。

さらに、無酸素運動と有酸素運動の連携で、成長ホルモン分泌がスムーズであったり、適度な美しい筋性とれたスタイルが目指せるのです。

水泳で運動、そして良質な睡眠と栄養を心がけて骨端線に刺激を与えて、成長ホルモンをどんどん出しましょう!!

>>水泳とともに試したい!身長を伸ばすサプリはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です