子供に与えるストレスは身長の伸び方に影響する!

成長期の子供、親は誰でも大きく育って欲しいと思いますよね。

しかし、子供にとってストレスがその成長を妨害してしまう事があります。

ストレスを感じる様になってからピタッと伸びなくなったりもするので、非常に恐ろしい状態です。

ここでは子供のストレスと身長について説明します。

子供のストレスは恐ろしい

ストレスを感じると子供の身長は突然止まってしまうこともあります。

中学校に入ってひと月で身長がグンと伸びたのに、それ以降全く伸びなくなったなどという事があれば、危険信号です。

慢性的、または過度のストレスは子供の成長ホルモンに影響をきたし、「愛情遮断性低身長」と言われていて成長の妨げになってしまうのです。

ストレスは、成長ホルモンの分泌を止めてしまいます

止まったままの状態が続くと体は成長期が終わったと思ってしまい、早い段階で分泌を終わらせてしまう事も起こり得ます。

またストレスにより眠りが浅くなったり、寝付けなかったりする睡眠障害や、食欲がおちてしまうなどの食欲障害、更には精神不安定になってしまう事もあります。

これらが相乗効果となって、成長ホルモンの分泌を止める事にさらなる拍車をかけてしまうのですよ。

子供のストレスは両親の喧嘩などの家庭内のものか、学校での対人関係などが殆どです。

全て解決方法があるものとは限りませんが、なるべく子供の周りの環境に気をつけてあげましょう。

身長が止まるほどの慢性的、過度のストレスと言うと大変な想像をしてしまいますよね。

実は、幼い子供ほど大人からしたら「そんな事で?」と思うような些細なものが多いのです。

どれも親心ゆえだと思いますし、子供にとって大切な事ではありますが、あくまでストレスにならない程度に、特に小さいお子さんには気をつけましょう!

時代の流れとともに過酷になる子供のストレス

スマホなどのSNSを通じてのイジメや、頻繁に通わなければならない塾や習い事などで現代の子供が抱えるストレスは計り知れないものです。

私達大人が見えない闇のような子供のストレスは、成長ホルモンの分泌を阻害して身長までストップさせてしまうのですから。

こうした時期に、親が子供のストレスをスルーしてしまうのでは、子供の心の成長とともに、体の成長にまで影響を及ぼしてしまうでしょう。

子供のストレスチェック!? 

子供のストレスは大人も気付きにくいほど繊細なものです。

以下のような症状が現れたら、早めに対策を講じてあげましょう。

  • 爪を噛んだりいじったりしている
  • 歯ぎしりや寝言が多くなった
  • 朝起きるとお腹や頭が痛くなる
  • 急に痩せたり太ったりと過食や拒食を繰り返す
  • 部屋に閉じこもる事が多くなった
  • 食欲がなくなった
  • 吐き気をもよおすようになった
  • 笑顔がなく落ちつきがなくなった
  • 成績が下がってきている
  • 呼ばれても返事をしない事が増えた(ストレス性の難聴の場合も)
  • 目をパチパチさせるチック症状が見られる

これらの些細なストレスや子供本人が小さい場合は、本人もストレスを分かっていない場合も多いです。

また、どうにもならない事を子供がストレスとして感じてしまう場合もあるのですよ。

ストレスを解消するために!

お子さんのストレスを解消するためには、親がしっかりと寄り添う必要があるでしょう。

子供はストレス自体がどんなものかわからないため、親が悟ってフォローする必要があるのです。

身長と親の愛情については「子供の身長を伸ばすには親の愛情が必要?愛情が成長に及ぼす影響」で詳しく解説していますよ。

 家族が話をよく聞いてあげる

「仕事などの忙しさで、お子様の話をまともに聞いてあげる事ができていなかった」

というご家庭では、今までよりもほんの少しだけで良いのでお子さんの話に耳を傾けてあげましょう。

話に同調するだけで、子供の気持ちはスッキリするはずです。

睡眠の質をあげる環境作りを

大人も子供もストレスがたまると、不眠に陥りやすくなるでしょう。

ですが、すぐに副作用の出やすい睡眠薬に頼るのではなく、寝室にアロマをおいてリラックスさせたり、眠りやすい枕に変えたりする事を検討しましょう。

また、クラッシックなどの静かな音楽も気持ちを落ち着けるアイテムになるはずです。

適度な運動を一緒にしてあげる

日中にウォーキングしたり、散歩をしたりと無理のない運動をしてあげるだけで、身体中の血流が良くなります。

それに伴って脳の働きもスムーズになり、睡眠も取れやすくなるでしょう。

ヨガのような激しい運動でなくて大丈夫なので、お子さんとのコミュニケーションと言う意味でも取り入れると良いですね。

精神を安定的に維持する食事作りを

カルシウムマグネシウムなどをはじめ、ビタミン類は精神を落ち着かせて、リラックス作用をもたらすでしょう。

乳製品やフルーツなどを、食事の中に積極的に取り入れたいものです。

最近は、食べ物アレルギーを持っている子供が増えているため、カルシウム豊富な乳製品が摂取できないこともあります。

そんな時は、サプリメントなどでフォローしてあげるのも良いですね。

専門家の意見も聞いてみる

子供のストレスは、家族でも対処し難い事があります。

そんな時は、先生やスクールカウンセラーなどに相談したいものです。

その時に、給食をしっかり食べているか、塞ぎがちではないかなどを確認しましょう。

それでも、子供のストレスが軽減できないようであれば、小児専門の精神科医を受診しましょう。

早めであれば、周りの協力でストレスが緩和されるでしょう。

 円満な家庭作り

現代の子供が抱えるストレスは計り知れないものです。

円満な家庭が子供のストレスのはけ口になるため、最高の癒しの場になるでしょう。

そのためには、大人自身が上手にストレスを解消して、家庭を明るく華やかな雰囲気にしましょう。

なるべく家族の団欒を増やしたり、リラックスできる雰囲気を作る事が必要です。 

たまには家族で外出も!

たまには、家族でピクニックに行ったり、花火大会や温泉旅行などで日々のストレスを解消しましょう。

大人が抱えているストレスをまずクリアしなければ、子供のストレスに気づいてあげる事ができませんし、子供のストレスに向き合う余裕がないものです。

家族全員が自分の持つストレスをしっかり緩和する事が大事です。

そのためには、現実から離れて家族全員でリフレッシュする事も視野に入れましょう。

アルギニン摂取で身長の伸びと一緒にストレス解消!

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を助ける効果があり、またストレスに強くなる効果もあるのでまさに一石二鳥の栄養素なのです。

アルギニンが主成分として、身長の伸びに働きかける身長を伸ばすサプリメントなどもあるので、気になる方はそういった摂取方法で試してみるのも良いですね。

まとめ

ストレスは成長ホルモンの大敵です。

分泌がなくなって、体が成長期が終わったと判断してしまう前に対処していきましょう!

特にお子さんの成長期は、学校や家庭内でのトラブルがストレスを発症してしまうため、普段の生活に気を配ってあげれると良いですね。

親の十分なフォローが子供のストレスを解消し、身長の伸びもスムーズにしてくれるはずです。

またそれだけでなく、「ストレス解消効果」「身長を伸ばす効果」どちらも期待できるサプリメントの併用も考えましょう

>>ストレスまで解消する身長を伸ばすサプリはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ