実は身長が低かった!戦国武将の身長とその背景

戦国時代の武将などをテレビや漫画などで多々見ることがありますが、とても大きく強そうなイメージがあります。

しかし、この時代は現代に比べて食事も貧しく、実は小柄な武将が多かった時代です。

有名な戦国武将達の身長は?

この頃の日本人の平均身長は157cmです。

しかし人口の97%が農民だった為、武将達はもう少し大きいのではないかと思えますが、実際にはそういった人ばかりでもなかったようです。

  • 武田信玄…153cm
  • 上杉謙信…156cm
  • 明智光秀…156cm
  • 徳川家康…159cm
  • 豊臣秀吉…150~160cm
  • 伊達政宗…160cm
  • 加藤清正…161cm
  • 織田信長…170cm
  • 前田利家…182cm

と、推定されています。残っている資料や、甲冑からの推定身長、また遺骨のある武将は遺骨から推定身長ですが、思っていたイメージと違う武将も多いと思います。

上杉謙信や、武田信玄は大きなイメージを持っている方も多いと思いますが、当時の平均身長から見ると低めではあったようですね。

また「サル」の愛称で呼ばれていたとされる豊臣秀吉も小柄なイメージを持っていましたが、推定の幅はあるものの160cmあればかなり大きい方だったのではないかと考えられます。

織田信長も現代の感覚で聞くとだいぶイメージと違うように思いますね。

ですが、この時代に生きる武将たちは、高身長よりも低身長で身軽な方が、戦で馬に乗ったり敵から逃げたり、攻撃しやすかったりと好都合だったのかもしれません。

低身長のほうが、時代にマッチしていたと言っても過言ではないのです。

この考え方は、高身長の方が何かと有利とする現代人の考え方とはかなりかけ離れていますね。

その時代に合った身長で日本の歴史を築き上げてきたのでしょう。

当時の日本人の食事はとても貧しかった

当時の人口は97%が農民と説明しましたが、農民も田畑の工作を行いながら雑兵として戦に出る兵士でした。

食事は極めて貧しく、雑穀中心だったとされています。粟や稗を雑炊にして食べ、おかずにぬかの味噌や野草などを食べていました。

食事の時間は朝8時と昼2時で、この食事だけで田畑の仕事と戦に出ていたのですから驚きです。

では、武将になると多少良くなるのかというと、そこまででもなく多少良い程度でした。

1日2食は同じで、夜は照明器具が発達していないので寝るのが当たり前でした。

玄米(精米していないお米)にお味噌汁、副菜(魚、小鳥、野菜、豆腐、納豆、かまぼこ、のり、漬物、梅干しなど)と確かに農民よりは多少豪華なものの、質素な食事である事には変わりありません。

体を作るのに栄養は大切

現代において、栄養が摂れない!ということはあまりないと思います。

しかし、戦国武将達の平均身長を見ていると、やはり栄養は大切だと言うことがわかります。

それは、戦後から日本の状況が豊かになっていくにつれ、平均身長が10cmもアップしている事からものの伺えますが、これは世界的に見ても驚異的な数字です。

戦国武将の食事は質より量を重視していた!

戦国時代は、戦が主流の時代ですよね。

食事は早くて簡単で、お腹を満たせる食べ物を持ち歩く事が多かったようです。

よく、この時代の名言に“腹が減ってはいくさはできぬ”とありますが、まさにこうした質より量をイメージさせますね。

例えば、水を含ませると量が増える古米を食べていたり、白米よりも腹持ちの良い餅を食べていたり…

とにかく戦はお腹が空くので、お腹を簡単に満たしたい思いが強かったのです。

古米をお茶漬けにしたり、かさ増しする事が優先されていたり、戦の合間に疲労回復効果の高いクエン酸配合の梅干しを食べたり、傷口の消毒にも使用していました。

さらにビタミンミネラルが豊富な味噌玉を持ち歩いて、味噌汁にもしていました。

身長に欠くことできないカルシウム豊富な乳製品や、動物性たんぱく質豊富な肉類などを食べられるようになってくるのは、まだだいぶ先の時代になります

戦国武将の時代は身長の伸びよりも、生きるため、戦うための十分な栄養が優先された時代だったのですね。

戦国武将はストレスも多かった

寝ても覚めても、「敵から攻められて命を落とすのではないか?」という意識は武将の中には常にあったでしょう。

こうしたストレスは、自律神経を乱して興奮状態を引き起こしたり、リンパ球の減少を引き起こし、疾患にかかりやすくなるのです。

身長とストレスの関係については「子供に与えるストレスは身長の伸び方に影響する!」で詳しく解説していますよ。

またこうしたストレスは、若い武将の成長ホルモンの分泌を鈍くさせていたに違いありません。

ある文献から、明智光秀は過労などからうつ症状になっていたようです。

他にも、武将がストレスから家臣を殺害したという話もあります。

現代人は様々なストレスが多いと言いますが、この時代も間違いなく生死に関係する最大のストレスを抱えていたのでしょう。

他にもうかがえる事は、この時代は茶会も常にひらかれていました。

茶の成分であるカテキンが、リラックス効果血圧上昇を抑制する効果が高いのです。

また、添えらる甘いお菓子も気持ちを落ち着ける効果を持っています。

こうした茶会を催すことで、ストレス緩和につなげていたのでしょう。

成長ホルモンの分泌を妨げる要因は、ストレスもあげられます。

戦国武将の身長はストレスでも、伸びにくい状況にあったのかもしれませんね。

戦国武将は睡眠不足!?

戦国時代は今のように、電気や灯もないため、夕食を済ませて日が暮れたらすぐに寝て、朝は早く起床していました。

ですから、十分に睡眠はとれていたのかと思ってしまいますよね。

しかし、この時代で忘れてはならないのが、何と言ってもいつ始まるかわからない戦。

ぐっすり眠れるような体勢ではなかったでしょう。

また、この当時の言葉にあるように“寝ずの番”などと言って、下級武士などは、寝ないで敵を見張っていたという事が伺えます。

早く布団に入ったとしても、しっかりと熟睡できる事は少なかったのではないでしょうか。

眠りの浅い状態では、睡眠中に分泌されるべき成長ホルモンはスムーズに分泌されません

若い武士の身長の伸びを悪くしてしまう要因になったのでしょう。

戦国武将はハードな体の動きをしていた!?

戦国時代は武道に打ち込んだり、馬などに乗って戦う訓練をしていたのでしょう。

落馬をはじめとした、足の怪我は多かったはずです。

この当時の様子を描いた書物からは、「柔道整復術」のような所謂、今で言う整体のようなものもありました。

こうした整術のようなものが存在していたと言う事は、骨折や姿勢の矯正なども随時行われていたのでしょう。

当時、落馬やハードな動きをして、骨の成長を促す骨端線を痛める可能性も高かったと言えます。

身長を伸ばすサプリで身長を伸ばしましょう!

現在背が伸びなくて悩んでいる方は、ぜひ栄養状態を見直して見てください。

偏食や、不規則な食べ方はぜひこの機会に見直しましょう

現代の日本は、飽食の時代とよばれるほど、食事には恵まれていますよね。

ですが、この飽食時代でも栄養の偏りなどで肥満低身長栄養失調などが引き起こされるのが現状です。

体を作る栄養素は「カルシウムたんぱく質アルギニン」。

これらをバランス良い食事の中で、積極的に摂ることが効果的なのです。

忙しい現代人、なかなか毎食きちんと作る事も難しいと言う人は、サプリメントなどもうまく利用して摂取しましょう。

戦国武将よりも恵まれた食生活が送れる時代ですから、しっかりと身長の伸ばせる栄養をバランス良く摂取しましょう。

まとめ

みなさんのイメージとは違い、貧しい時代を生きていた戦国武将は、小柄な人が多かったと推測されています。

この時代に優先されていた事は、身長の高さ云々よりも戦に耐えられる体づくりです。

ですから、食べ物も質より量という傾向でした。

またこの当時も、いつ始まるかわからない戦のストレスや、ハードな戦いの訓練などで、成長に関係するホルモンの分泌が滞っていたり、足の骨端線を痛めていたのかもしれません。

様々な成長を阻害する要因が絡み合って、身長を伸ばしにくい状況にしてしまったとも考えられるでしょう。

時代に反映されている栄養と体格の関係、さらに生活習慣をぜひこの機会に見直してみましょう。

>>現代人の身長を伸ばすサプリはこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ