身長を伸ばすのに縄跳びは効果的!?本当に効果はあるの?

背を伸ばす為の?というのは、低身長に悩む方やお子さんを持つ親御さんは何度も調べた事がありますよね。

そんな中で縄跳びは背を伸ばす!と言う噂を聞いた事がある人は多いはず!

実際に、縄跳びと身長はどう関係してくるかを説明していきたいと思います。

身長を伸ばすのに適している運動とは?

ではまず、身長を伸ばす運動というものにはどの様な物が適しているのか、説明します。

全身をバランスよく使う運動

全身をバランス良く使う事により、体の全体の骨に程よい刺激が行き渡り、骨を伸ばす効果が期待できます。

縦方向に体を伸ばす運動

骨の端にある骨端線

身長を伸ばすには、この骨端線に縦方向の刺激を与える必要があります

縦方向の刺激、というのは基本的にジャンプが当てはまるので、ジャンプする運動がこれに当てはまります。

筋肉への負担が少ない運動

腕立てやスクワットなど、自分の体だけで行なう筋肉トレーニングは大丈夫です。

しかし、ダンベルや機器を使ったトレーニングは、成長期には負荷が大きすぎて筋肉の組織が壊れてしまう可能性があります。

成長期の筋トレには注意しましょう。

この3つが身長を伸ばす事に適した運動になります。

身長を伸ばすための運動については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく解説しています。

縄跳びは身長を伸ばす運動になるのか?

縄跳びはダイエットや健康に関して言えばとても良い運動なのです。

しかし、「身長を伸ばす」事に特化した運動か、と聞かれると縄跳びだけで身長を伸ばすのは難しいと思われます

確かに、縄跳びは縦方向の運動と言う意味では非常に特化しています。

身長を伸ばす上で、運動する事自体は必要不可欠なので、その運動の中の1つに入れる分には非常に良いです。

しかし、縄跳びは単調になりがちな運動なので「全身使う」と言う点で縄跳びだけで、身長を伸ばすとなると厳しくなってしまいます。

背の高い人が多いスポーツとして、バスケットボールバレーボールと比べてみるとこの2つはジャンプ+走る、投げる、打つなどの運動があります。

また、ジャンプの時の姿勢も思いっきり体を伸ばしてジャンプしています。

その点からしてもやはり縄跳びは単調な動きである事と、ジャンプの時の姿勢も頭の上を縄が通るために体を伸ばして飛ぶには限界がありますよね。

しかし、縄跳び自体はランニングの1.3倍の運動量で、心肺機能が上がったり、免疫機能が上がるなど健康やダイエット面ではとても優れた運動です。

日々の運動の1つとして取り入れてみるのは良いかもしれませんね。

 

縄跳びは脳下垂体にも働きかける

 縄跳びのような縦方向に働きかける運動は、身長を伸ばすために必要な骨端線を刺激して、身長を伸びやすくします。

 それと同時に縦方向の運動は、脳下垂体も刺激するため、成長ホルモンを分泌しやすくしてくれるのです。

骨端線も、成長ホルモンも同時にスムーズに働きかけるため、毎日継続させる事で少しずつ成果を発揮するのです。

 ストレス解消にもなる

思春期のストレスは、寝不足を引き起こすなどして、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を妨げる恐れがあるのです。

それに対して、縄跳びはストレス解消にもなります。

成長ホルモンの分泌をスムーズにするためにも、ストレス解消効果の高い縄跳びを積極的にする事はオススメですよ。

新陳代謝を向上させる

縄跳びは、体全体の血流を高めて新陳代謝をアップさせます!

そのため身長の伸びに欠く事のできない、骨の細胞分裂もスムーズにしてくれる事でしょう。

体の代謝が高まると、体温も上がって程よい疲れも出るため、ぐっすり睡眠もとれるでしょう。

また、新陳代謝を高める事で太りにくくなるため、身長の伸びを妨げる肥満防止策にもなるのです。

 リズム感や機敏さが向上!

縄跳びは、リズム感を養う絶好の運動でもあります。

身長の伸びだけでなく、身長を生かしたスポーツにはリズム感が求められるスポーツもたくさんありますよね。

縄跳びで身長を伸ばす努力をした暁には、様々なスポーツをリズム感良くできるでしょう。

縄跳び以外のスポーツも取り入れて!

若いうちは縄跳びだけでなく、バスケや、バレーなどをはじめとした縦方向の運動やそれ以外の運動も満遍なくこなしたいもの。

また、こうしたスポーツを本格化させてしまうと、足を怪我したり骨端線を痛めてしまうケースもあるため、ほどほどに実行する必要があります。

成長期のお子さんが、無理のある運動を継続しているのに気づいたら、いち早く調整してあげる事が大切です。

成長期に行いたい、縄跳びを含む縦運動の目標は

  • 長時間行わない
  • 適度に休みをいれる
  • コンクリートなどの固い場所を避ける

などがあげられます。

また、縄跳びをスタートすると面白くなったり、さらなる技を磨こうと、ハードな二重跳びなどにチャレンジしたくなるのが子供の心理です。

こうした二重跳びは長時間やってしまうと足に負担がかかりやすくなるため、身長を伸ばす目的があるのであれば、ハードな縄跳びの仕方や技は控えましょう

さらに肥満ぎみの人が縄跳びをしてしまうと、足に負荷がかかりやすくなるため気をつけましょう。

縄跳びをする事のメリットやデメリット

縄跳びは、自宅の庭などで手軽にできます。

また、縄跳びの価格は100円〜でも購入できて経済的です。

他の運動をしようと思ったら、ユニフォームやボール、ラケットなどを揃えなければならなくなるでしょう。

その分コストがかかります。縄跳びなら、縄とスペースさえあればできるのですから。

ですが、縄跳びは室内でやると、壁や天井にぶつけてしまったり、マンションなら下の階の人に迷惑をかけてしまったりもするでしょう。

縄跳びは身長を伸びやすくするメリットとともに、多少のデメリットもあるため、使うときは気をつけなければならない事も念頭に置きましょう。

成長期のお子さんが扱いやすい縄跳び選びを! 

市販の縄跳びにはいくつかの種類があり、子供用から本格的な大人用までたくさんあります。

また、以下のように、遊び感覚でできてしまう、おもちゃ屋さんで販売されているような縄跳びや、体を鍛えるためにスポーツ用品店などで販売されている縄跳びなどがあるのです。

グリップが持ちやすいタイプ

握った時にお子様が、心地よさを感じたり、汗などで滑りにくいスポンジなどの材質でできたタイプです。

また、持ち手が大きめの設計になっていてスムーズにまわせるタイプもあります。

公認マークなどがついている

日本縄跳び競技連盟JNFなどが認めている縄跳びは、安全性に富んでいて安心です。

成長期のお子さんが、安全に習慣化させる事のできる縄跳びを選びましょう。

縄跳びと併用したい!身長を伸ばすサプリ

家庭でも簡単にできる縄跳びは、無理なく習慣化させる事で身長を伸ばしやすくしてくれるでしょう。

ですが、縄跳びだけでは、身長を伸ばすことはできません

こうした縦の運動に加えて、骨の成長をフォローするカルシウム成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが必須となるでしょう。

しかし栄養は、普段の食生活ではなかなか補給できないのが現状です。

こうした事から、身長を伸ばすサプリが効果的だと言えるでしょう。

身長を伸ばすサプリも種類が豊富にありますが、味や形状を含めた飲みやすさを考慮してセレクトしたいものですね。

まとめ

縄跳びと身長の伸び、という点では深い関係性は見られませんでした。

ですが、骨端線に働きかけたり、成長ホルモンを分泌しやすくする縦運動としては最も身近で効果的な運動と言えるでしょう。

やはり身長を伸ばすためには適度な運動十分な睡眠、そして栄養管理が大切と言えます。

骨を伸ばす栄養素はたんぱく質とカルシウム、成長ホルモンを促進させるにはアルギニンなどを摂取する事が重要です。

栄養バランスと、日々の生活を見直してみるのも良い機会かもしれませんね。

そのためにはm内側から成長を促す身長を伸ばすサプリの使用はとても望ましいのです。

>>縄跳びと併用したい身長を伸ばすサプリはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です