高校生でもまだ身長は伸びる?!生活リズムの改善とその方法

身長が伸びる時期と言われると、大体中学生頃を思い浮かべる方が多いですよね。

実際に、平均的には男女ともに中学生のうちに身長の伸びはピークを迎えます。

そのピークから1~2年は伸びる可能性があります。

高校生からでも、生活を少し見直すだけでまだまだ身長を伸ばす可能性があるのです。

睡眠について

高校生になってくると部活など忙しくなり、遅くまで勉強していて寝る時間が12時過ぎてしまうという事も多くなります。

しかし、成長ホルモンを促すのに最適な時間は22時~2時であり、この4時間にもっとも成長ホルモンが分泌されるのです!

この4時間を含めて、8時間睡眠をとるのが身長を伸ばすのに良い睡眠だと言えます。

22時に寝るのが難しくても、せめて23時には寝れるように、勉強などは効率が上がるといわれる早朝に切り替えてみるのも良いですね。

睡眠時間も最低でも6時間はとりたいところです。

22~2時の間に寝ればば良いと言うものではなく、快適な睡眠を取れるように心がけましょう!

質の良い睡眠がたいせつ!

 成長ホルモンの分泌時間に寝ている事も大切ですが、実は睡眠の質が悪いのも問題です。

身長と成長ホルモンについては「成長ホルモンとは?サプリで摂取しても身長は伸びる?」で詳しく解説しています。

 人間は、脳と体のどちらも休まるノンレム睡眠と体は休めても脳が休まらないレム睡眠の、2パターンのサイクルで成り立っています。

ノンレム睡眠がしっかりとれていなければ、脳は休まる事なく、ちょっとした物音でも起きてしまいます。

この時に、正常に分泌されなければならない成長ホルモンの分泌も抑制されてしまうでしょう。

 睡眠は、寝る時間帯と同時に、バランスのとれたクオリティも重視しなければならないのです。

 それでも、不眠気味な場合は枕を変えたり、部屋にアロマを焚くなどして、眠りやすい環境を整える事も念頭に置いておきたいものですね。

運動について

運動は体を作り、を成長させる為にも必要です。

しかし、負荷が強すぎる運動は高校生にはあまり向いていません。

疲れがとれにくくなったり、栄養不足、成長ホルモンがうまく機能しないなどの悪影響が起こりえます。

また、運動の中でも縦の方向に刺激のある運動がより効果的です

縦方向の運動とは主にジャンプなどがそうですが、骨は縦の刺激に対し成長するもの。

また成長ホルモンも分泌されるので、バレーボールバスケットボールが身長の伸びるスポーツとされるのはその為です。

こうしたスポーツができない環境であれば、縄跳びなどを庭先で実践するのも効果的ですね。

他にもストレッチを行うのも効果的です。

筋トレなどは控えましょう! 

最近は、“セミマッチョ”なんて呼ばれるような、ちょっぴりムキッとした男性が女性から人気を集めていたりもします。

異性を意識しだす年頃の高校生ならば、異性にモテたい願望からこうしたセミマッチョを目指して、筋トレなどに励む人もいるのではないでしょうか。

 自宅でダンベル運動などを本格的にやったり、ジムにまで通うなどすれば、体には必要以上に筋肉がついてしまいます。

 この過度についた筋肉が、身長の伸びに影響を及ぼす事になるでしょう

 もし、こうした筋肉体質に改造計画を求めているのであれば、身長がしっかり伸びるまで待ちましょう。

 野外での運動も取り入れて!

 紫外線をある程度受けることは、骨の成長に欠かせないビタミンDを合成させます。

 よく昔の人は「子供は元気に太陽の下で遊びなさい!」と言ったものです。

 ですから、太陽の下で体を動かす努力をしましょう。

 一方でご存知の通り、紫外線は当たりすぎると、シミソバカスだけでなく皮膚ガンの要因にもなります

 日焼け止めを忘れずに使用しながら、太陽のもとで元気いっぱい活動したいものです。

 高校生が、メインで加入できるようなスポーツサークルなどに参加できると良いですね。

栄養について

よく背を伸ばすのには「魚と牛肉」と言われていますが、残念ながらそれだけでは身長は伸びません。

身長を伸ばすための食事にはバランスは欠かせないものです。

効果の大小はありますが、どれか1つの栄養素を取ったから身長が伸びるということはありません。

身長を伸ばす為にはカルシウムたんぱく質をメインにバランス良い食事を摂るのが基本です。

カルシウムの豊富な食材は大豆、豆腐、ひじき、海藻、煮干しなどがあり、たんぱく質はチーズ、大豆、肉、卵などが豊富です。

食品添加物は栄養吸収を阻害する事も!!

 ほとんどの食べ物に含まれている食品添加物は、体の中からスムーズに排出されていれば問題ありません。

しかし、それが蓄積されていれば、他の栄養吸収を阻害してしまう事もあります。

身長の伸びに良いとされるカルシウムやビタミンDなどを積極的に摂取しても、傍でたくさんの食品添加物を摂取していたのでは、せっかくの努力が水の泡になってしまう事になるでしょう。

 手軽に食せるジャンクフードは、添加物が配合されていますので、なるべく控えたいものです。

 高校生の日常生活の乱れが身長に影響を及ぼす事も!?

 現代日本の高校生は、物にも環境にも恵まれています。

まず、その代表的なものにスマホなどがあげられますね。

 それらが、高校生の身長にもたらす影響はあるのでしょうか。

 スマホ時代による寝不足

高校生になると、ほとんどの人がスマホを持ち歩いています。

スマホでネットサーフィンをしているうちに、午前様なんて日常的になってしまうでしょう。

 睡眠中に得られる成長ホルモンの分泌を阻害してしまい、成長に影響を与えます

 朝食を抜きがちな高校生!

驚いた事に、高校生のほとんどが、朝食をとらないで通学しているという調査もあります。

 こうした朝食抜きの活動は、成長に関与する栄養が摂取できません

それと同時に、体力も失われて適度な体を動かすチカラも損なわれるでしょう。

 成長のためには朝昼晩の三食をしっかり摂り、そのフォローとして身長を伸ばすサプリメントを飲用しましょう。

 高校生は身長を伸ばすラストスパート!

高校生は、身長を伸ばすラストスパートと言っても過言ではありません。

ですが、焦る必要もなく、生活習慣に少しだけテコ入れをしてあげる程度で、グンと身長が伸びるケースもあります。

 それが、運動、食事、睡眠という三本柱である事に変わりありません。

しかし、なかなかスムーズにいかない高校生の生活をフォローするためには、補助的な身長を伸ばすサプリメントが最も効果的なのです。

 高校生だからこそ身長サプリメント!

 高校生の子供を持つ親にとっては、身長を伸ばすだけでなく、健康な体作りのためにも食事を充実させたいと願い、食事作りに試行錯誤するでしょう。

また、これらの食事に欠かせないのが「アルギニン」です。

アルギニンは天然のアミノ酸で、たんぱく質を作る集合体です。

つまりこれがある事によって成長ホルモンの分泌が促進されるのです。

しかし、アルギニンを必要量食事だけで摂取するのは難しいので、バランス良い食事にプラスしてサプリメントなどを摂取して補うと取りやすいかもしれません。

サプリメントを利用する場合もあくまでとりにくい栄養素の補助として使い、基本はしっかり食事からとりましょう!

まとめ

高校生からでも、栄養、睡眠、運動を少し心がけて変えるだけで、身長を伸ばす可能性は大いにあります!

 背を伸ばしたくて悩んでいる方は、ぜひ取り組んでみてください!

 こうした規則正しい生活スタイルを、現代の日本の高校生はなかなか築き上げられていないのが現状です。

 大人顔負けのハードな1日を送る高校生さえいるのですから…

 そんな身長の伸びにラストスパートをかけるため、ぜひ身長を伸ばすサプリメントを利用しましょう。

>>身長を伸ばす方法は?サプリランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です