身長を伸ばすにはジャンプが効果的?ジャンプと身長の関係性

適度な運動をすることは、身長を伸ばすために大切なこと。

運動の中でも、ジャンプをすることが身長を伸ばすためには効果的と言われています。

ジャンプをすることで、なぜ身長を伸ばすことが出来るのか? 

その理由と、効果的なジャンプの方法を合わせてご説明します。

ジャンプをすると身長が伸びる理由は?

バスケットボール選手やバレーボール選手など、ジャンプをすることが多い競技をされている方は、身長が高いイメージがありますよね。

これは、ジャンプをすることで骨端線が開きやすくなり、ジャンプを続けることで、骨端線の間が開いていくことで身長が伸びやすくなるのです。

特に、成長期の方で骨端線が閉じていない方は、ジャンプをすることでグングンと身長が伸びていきますよ!

できるだけ成長期のうちに、ジャンプをたくさんするように心がけましょう。

また、成長期を終えてもジャンプは効果がありますので、家や外でジャンプする習慣をつけると、成長期後の身長も伸ばすことが出来るかもしれません。

元々身長が高いからバレーボールやバスケットボールをする説

一方で、元々身長の高い人が、バレーボールやバスケットボールをやるという説もあります。

まるで、“鶏が先か卵が先か”のような考え方ですが、確かにそうした事も一説にはあるでしょう。

バスケットボールやバレーボールは、背が高い方が有利なスポーツです。

「自分の高い身長を活かしてレギュラーになろう!」なんていう考えで、入部する人も少なくないでしょう。

一方で、ジャンプ力を誇る競技に器械体操があげられます。

たくさんジャンプをするのに、バスケットやバレーの選手のように、190㎝超えのような高身長の選手はあまり見た事がないですよね。

これは、あまり大きい方だと、動きに軽やかさが失われる事もあるからでしょう。

必ずしも、ジャンプを主としたスポーツが、身長を究極に伸ばす事でもなさそうです。

ですが、ジャンプを含む運動を日常に取り入れてあげると、成長には良い効果をもたらす事に間違いはありません

身長と運動については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく解説しています。

身長を伸ばすために効果的なジャンプの方法とは?

身長を伸ばすためには、ただ闇雲にジャンプをしていれば良いという訳ではありません。

ジャンプをする時には、このようなことに気をつけましょう。

コンクリートなど固い床ではねるときは要注意!

固い床の上でたくさん跳ねてしまうと、足腰に負担がかかり、腰痛などを発症する可能性がありますので注意が必要です。

特に、足首近くに負荷がかかると、身長を伸ばすための骨端線に損傷を与えて、身長の伸びに影響を与えてしまう恐れがあります

靴の底がしっかりとしているシューズを履くようにし、ジャンプの着地の際には、膝を曲げるように心がけましょう。

力を込めすぎて飛ばないようにする

身長は、筋肉がついてしまうと伸びにくくなる傾向があります。

思いっきりジャンプすることは大切ですが、力を込めすぎてしまうとダメ!

余計な力を加えてジャンプをしてしまうと、どうしても足に余分な筋肉がついてしまい、身長が伸びにくくなってしまう可能性があります。

ジャンプをする際には、出来るだけ力を入れすぎないように気をつけて、踏み込みを意識するのではなく、体を上に上げることに意識を持ってジャンプをするようにしましょう。

縄跳び

縄跳びは家の庭先や、室内でも簡単にできてしまいます。

1人で気が向いた時にできてしまうので、ジャンプを優先させたいならばオススメですよ。

また、コストも安価で親子で楽しめるので、自分の使いやすい縄跳びで毎日数分続けてあげるのも良いですね。

ですが、二重跳びや三重跳びなどのハードな飛び方は、時に足を痛める事になるため気をつけましょう。

トランポリン

最近は、オモチャ屋さんでも人気を誇る子供用のトランポリン。

まだジャンプを上手にできないお子さんも、気軽に遊び感覚で日課にできてしまいます。

通販でも購入できるため、成長期のお子さん向けといえるでしょう。

着地した時に、衝撃が少ないので骨端線を傷めることもないので安心ですね。

他にも、フラフープを縄跳びのようにしたり、全身を回したりする運動として使用している人もいます。

ジャンプで酷使した足をケアする方法は?

ジャンプをしすぎて酷使した足は、骨端線を傷めないように次のようなケアをしてあげましょう。

万が一痛みのあるときは、休ませるのも大切です。

軽めのストレッチ

ジャンプをする事で、知らず知らずのうちに足に負荷をかけているケースもあります。

そんなときは、ジャンプした後に軽めのストレッチなどを施してあげましょう。

アイシング

傷めた箇所は、保冷剤などを使って冷やしてあげましょう。 

あまりジャンプし過ぎる時は、足が打ち身のようになってしまいます。

また、成長期に多く見られる「成長痛」のような症状も緩和してくれるでしょう。

ジャンプ重視よりも全身運動がより効果的!

ジャンプを主体とした運動は、もちろん効果を期待しても良いですが、軽い全身運動でも、問題なく身長を伸ばす事ができるでしょう。

例えば、軽いストレッチなどでもよいわけです。

また、プールなどで呼吸を整えながら、ウォーキングなどでもよいでしょう。

ジャンプ運動に限らず、全身を動かす運動には次のような効果があるのです。

血流が良くなり脳下垂体にも良い

身体中の体温が上昇し、脳をはじめ身体中の血流を良くするでしょう。

脳下垂体にもしっかり血液がまわるので、成長ホルモンの分泌も良くなるでしょう。

適度な運動が睡眠を向上させる

こうした全身運動は、程よい疲れを残すため、スムーズに睡眠がとれるでしょう。

良質な睡眠中に成長ホルモンが分泌されるのです。

運動する事によりお腹がすく

当然の事ですが、運動をする事でお腹がすきます。

そのタイミングで、食事から身長を伸ばす栄養素がしっかり摂取できます。

それでも身長が伸びない時にはどうすれば良いか?

ジャンプを取り入れたスポーツをしているのに、なかなか成果が上がらないと、諦めムードになってしまいますよね。

ですが、決してジャンプするスポーツに成果がないわけではありません。

もっと、視野を広げて検証してみましょう。

栄養、睡眠、運動の三要素もポイント!

childjamp2

ジャンプを毎日しても、残念ながらすぐに身長が伸びるという訳ではありません。

身長を伸ばすためにはジャンプをする他にも、栄養バランスの整った食事をとることや、睡眠をしっかりと取ることがあげられます。

また、ジャンプする運動をあまりにもハードにやりすぎて骨端線を傷めてしまっていたり、汗により身長に必要な成分を流出しやすくなっている可能性も否めないでしょう。

また、ストレッチをする方法なども効果的と言われていますので、眠る前に行うことで、より身長が伸びやすくなるでしょう。

身長を伸ばすサプリも視野に入れよう!

さらに、合わせて身長が伸びるサプリなどを摂取することがオススメです。

身長が伸びるサプリは、毎日続けて摂取することで、成長をサポートする働きが期待できますので、身長を伸ばしたいという方には、ぜひとも摂取してみてください。

成長期中の子はもちろん、成長期を終えた方でも効果が期待できますよ!

まとめ

身長を伸ばすには、ジャンプを取り入れたバレーボールやバスケットボールなど、縦方向の運動をするのが効果的と言われています。

これに限らず、家庭でも手軽にできる縄跳びやトランポリンなども、遊び感覚で楽しみながら成長できそうですね。

ですが、ジャンプを伴う運動に限らず、軽めの全体運動を数分するだけでも身長は伸ばせます。

さらにこうしたジャンプだけにとらわれず、身長に良いとされる栄養と良質な睡眠も忘れずに行いましょう。

>>ジャンプと一緒に取り入れよう!身長が伸びるサプリ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です