身長が遺伝するというのは都市伝説?!本当は遺伝子しないの?

「身長は遺伝するものだから、両親が小さいと身長が伸びない」

このような都市伝説があります。

実際の所、身長は遺伝するものなのでしょうか?

身長と遺伝の関係性についてご説明します。

身長は遺伝するは、あながちウソでもない?!

結論から言いますと、身長が遺伝するというのは、あくまで都市伝説です。

確かに多少は遺伝の要素があるようですが、ほとんど取るに足らないと言っても過言ではないでしょう。

ですが、両親の身長が小さいと子供も身長が伸びにくくなるというのは、あながちでたらめでもありません。

これはいったいどういう事かとなのかというと…

身長が伸びるかどうかは、遺伝の要素に左右されるのではなく、日頃の食生活睡眠運動などの、“生活の送り方”によって左右されるということです。

特に、身長が最も伸びると言われている成長期であれば尚更、毎日の生活の送り方が非常に大切と言えるでしょう。

両親が身長が小さいのは、“身長が伸びにくい生活を送っていた”ことが原因として考えられます。

大事な成長期に、両親と同じ調子で生活を送ってしまうと、身長は伸びずに、結果的に身長がほとんど伸びずに、成長期を終えてしまうことになりかねません。

成長は遺伝すると言うのは、このように、“小さい両親と同じ生活を送っていると身長が伸びにくくなる”という事が原因で言われ始めたものでしょう。

両親が小さくても、身長を伸ばすことは出来るのか?!

遺伝などは関係なしに、両親の身長が小さくても、お子さんの身長の伸ばすことはもちろんできます

遺伝的要素といえば、骨格の形や大きさは親に似る可能性は高いのです。

ですが、実際には身長の高い親から身長の低い子供が生まれたり、身長の低い親から身長の高い子供が生まれたりというケースは珍しくありません。

必ずしも、遺伝的要素が強いのかといればそうではないはずです。

身長と遺伝については、まだ未解明な部分もあり、あくまでも統計上から見た見解が殆どと言えるでしょう。

良質な睡眠をとる

身長を伸ばすためには、日頃の生活がとても大切になるのですが、生活を送る際にまず大切なのは、睡眠です。

睡眠をキチンと取ることで、成長ホルモンが分泌されやすくなり、成長を促進する効果が期待できます。

成長期には、夜しっかりと眠ることはもちろん、睡眠が足りないと感じるようであれば、昼寝を少ししても良いくらいと言えるでしょう。

また、寝る前に適度なストレッチをする事で、程よい疲れが生じて眠りにつきやすくなります。

そして、眠りにつきやすい寝具類のセレクトも親の役目でしょう。

バランスの良い食生活

次に大切なのは食生活

食事は野菜を中心に、タンパク質やビタミンミネラル、脂質などの必要な栄養素をきちんと取ることが大切です。

また、身長を伸ばすために大切とよく言われるカルシウム

このカルシウムは、実は単体で取っても身長を伸ばすためにはあまり効果がありません。

カルシウムにはあくまで、“骨を丈夫に、強くする働き”が期待できますので、身長を伸ばすために骨を伸ばすためには、カルシウムと一緒に他の栄養素もきちんと摂取する必要があります。

カルシウムだけを大量に摂取しても、身長は伸びにくいですので注意しましょう

カルシウム吸収を助ける、ビタミン類などの摂取も積極的に取り入れたいものですね。

また、最近は身長を伸ばすためには、アルギニンという栄養素も注目されています!

実際にはこうした栄養は、素人感覚ではなかなか実生活において取り入れにくいもの。

こうした栄養について不安であるならば、身長を伸ばすサプリを併用する事が望ましいですね。

適度な運動を取り入れる

最後に大切なのが運動です。

体をしっかりと動かすことでも成長ホルモンは分泌されやすくなり、身長を伸ばす効果が期待できるでしょう

また、体を動かすことで免疫力もアップしやすくなりますので、風邪を引きにくい、丈夫な体を作るにももってこいと言えるでしょう。

身長と運動の関係については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく解説しています。

ストレス解消!

現代の子供は、日常的にストレスを感じています。

その内容は、家庭なのかもしれませんし、学校なのかもしれません。

こうしたストレスを、少しでも解消してあげる事が大切な事と言えるでしょう。

ストレスは時に、脳にあるホルモンを分泌する機能低下を招くため、気をつけなければならないのです。

たくさん眠って、たくさん食べた後、体をしっかりと動かす

この三つを成長期にしっかりと行うことで、身長がぐんぐんと伸びていきますよ。

さらには、ストレスをためない生活を心がけてあげましょう。

身長が伸びない原因はこれにあった!

nakayosioyako

身長が伸びない原因としては色々とあげられますが、親御さんはこれらの事をしない様に気を付けてあげて下さい。

喫煙

本人が喫煙するのはもちろんダメですが、両親の喫煙も出来るだけ避けてあげましょう。

これは、たばこを吸ったことで出てくる副流煙が関係しています。

たばこは吸っている本人だけではなく、周りにも煙をまき散らすものです。

そのまき散らされた煙の事を副流煙と呼ぶのですが、この副流煙をお子さんが吸ってしまうことで、成長ホルモンの分泌がストップしやすくなります

お子さんの健康のためにも、親御さんが喫煙者である場合は、お子さんの前では出来るだけ煙草を吸わない様に心がけましょう。

睡眠不足

成長期に睡眠を十分に取っている子と、取っていない子では、身長の伸び率が全く変わるのですよ。

場合によっては、同じ誕生日の子でも10㎝近くの差が出てしまうことも!

睡眠が不足することで、成長ホルモンの分泌がされにくくなることが原因と考えられます。

それだけ成長期の睡眠は、身長を伸ばすためには欠かせない物ですので、夜更かしをしていたら親御さんが注意して、寝かせるように心がけましょう。

栄養不足、運動不足

睡眠と同じで、栄養と運動が足りていなくても、身長が伸びにくくなります

栄養バランスを考えた食生活を用意することは、親御さんの役目と言えるでしょう。

また、家でゲームばかりしていて運動をしないお子さんも最近では多くいます。

遊園地や博物館に遊びに行ったり、一緒に定期的にマラソンをしたりなど、親御さんが積極的に外に連れ出すように心がけましょう。

家族とのコミュニケーションも取るようにしてみて下さいね。

愛情不足

親の愛情不足が、子供の成長を遅らせるという話があります。

子供に積極的にかかわることがなく、無関心な状態では子供がストレスを感じてしまいます。 

そうしたストレスが、脳下垂体にある成長ホルモンの分泌を阻害して成長を遅らせるのです。

子供の前で夫婦喧嘩をしたり、怒鳴り散らしてばかりの生活は避けるべきでしょう。

また、何でも子供の話を聞いてあげられるような時間を一日の中に設けたいものです。

このように身長を伸ばすためには、本人の努力はもちろん、親御さんの協力も大切です。 

身長を伸ばす知識や、経済力など無力なお子さんは、親からの助けが必要なのですから…

身長の伸びが悪くなる遺伝的な病気とは

身長と遺伝の関係性はある程度認められますが、遺伝的病気によるもので低身長になるケースも否めません。

以下のような病気は、染色体の異常や甲状腺の異常、胎児の時の異常などが引き金となって起こります。

こうした疾患が早くから認められれば、ホルモン剤の投与などで身長を伸ばす事も可能です。

また、病気の治療とともに栄養面や、適度な運動、質の良い睡眠は必ず実施するべきでしょう。

軟骨無形成症

成長軟骨の異常が原因で、身長が伸びなかったりと全身的な骨の成長が阻害されてしまう疾患です。

成長ホルモン投与や創外固定による矯正が行われるでしょう。

ターナー症候群

染色体異常によって生じる先天性の疾患です。

低身長やホルモン低下による症状で、主に女性に生じます。

体表奇形なども起こるケースもあり、新生児のうちから酷い浮腫みがあります。

成長ホルモンや性ホルモンの投与が行われるでしょう。

胎内発育不全性低身長

妊娠中の異常により、お腹の胎児の発育が急激に遅れて、在胎週数よりも小さく生まれるケースです。

出産後の成長は追いつく事が殆どですが、発育曲線から外れるような事があれば、主治医との相談の上、身長を伸ばすためにホルモン剤治療がもたらせるでしょう。

身長が遺伝すると言う先入観は捨てましょう!

「親が小さいから、自分も身長は伸びないはず…」「自分の身長が低いから子供の身長は伸びないな…」などの先入観はやめましょう。

こうした身長のコンプレックスを、親子でお子さんが思春期のうちから持つ事は自身喪失になり、ストレスになります。

まさに、身長を伸ばすために悪循環になってしまうのです。

身長については、遺伝的な要素は多少絡むけれども、それ以上に食事、睡眠、運動などの生活習慣を見つめ直す事が大切だという知識を親子で認識し合う事で、身長の伸びを前向きに考える事ができるでしょう。

長続きさせるために親子で挑む!

また、こうした食事や運動、睡眠の正しい習慣を継続させるのは、難しい事です。

子供だけにやらせるのではなく、親も子供の成長期に寄り添う覚悟で一緒にのぞめると良いですね。

身長の伸びに良いと言われている縦方向の運動、縄跳びバレーボールなどを遊び感覚で一緒にしてあげるのも良いでしょう。

身長をもっと簡単に伸ばす方法はないの?

身長をもっと簡単に、確実に伸ばす方法は無いのか?

誰もが思う疑問ですよね。

特に、成長期のお子さんを抱えた、身長が小さめの親御さんにとっては、切実な問題なのではないかと思います。

そんな親御さんにオススメしたいのが、“身長を伸ばすサプリ”です。

身長を伸ばすサプリとは、一体どのような商品なのかというと…

  • お子さんでも安心して飲めるサプリ
  • 味や形状も継続しやすいタイプ
  • 無理なく続けやすいコスト
  • 成長ホルモンの分泌が促進され、無理なく身長を伸ばすことが出来るサプリ
  • 毎日サッと飲むだけでOKなので、続けるのが簡単!

このように、身長を伸ばすサプリは、摂取するだけで簡単に成長を促すことが出来るサプリのことを指します。

医薬品ではなくサプリメントなので、副作用などの心配もなく、お子さんでも安心して飲める商品が数多くありますよ。

もちろん、飲み忘れがないかなどをチェックしてフォローする事も親の役目。

日頃の生活に気を配る他にも、身長を伸ばすにはサプリメントを合わせて摂取することをオススメします!

まとめ

遺伝と身長の関係は未だはっきりはしていませんが、多少の関連はあると言えるでしょう。

ですが、一番は親がもたらす子供の生活環境です。

睡眠、運動、栄養をしっかり見据えた生活をもたらしてあげましょう。

さらにはお子様の精神状態を安定させてあげる愛情も大切な成長要因なのです。

そして、現代の食事をサポートする上で、身長を伸ばすサプリの利用も効果的という認識を持ちましょう。

サプリは飲む本人も、提供する家族も負担なく続けられる事が重要なポイントです。

>>遺伝よりも食生活のサポートにこだわろう!身長を伸ばすサプリはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です