バスケットをすると身長が伸びる?!その真相と関係性を調査

バスケットを部活や習い事で行なっている人の中で、なかなか身長が伸びず、悔しい思いをした事のある人も多いですよね。

バスケット選手は何故背が高い人が多いのか、またバスケットをやると背が伸びる可能性はあるのか、説明していきたいと思います。

バスケットボールは身長が必要なのか?

高校生のバスケットで活躍出来る人の、ポジション別平均身長と言うものがあります。

  • PG(ポイントガード)…170cm
  • SG(シューティングガード)…175cm
  • SF(スモールフォワード)…180cm
  • PF(パワーフォワード)…180cm
  • C(センター)…185cm

上記が平均身長とされています。

最低でも170cmが必要で、これは日本人の成人男性の平均171cmとほぼ同じ身長となりますね。

やはり高校男子の中でも、大きい方の人が活躍出来ると言う傾向が強いと読み取れます。

またプロ選手になると、日本代表男子の平均身長は195.6cmとなり、長身の人がバスケットの世界で活躍している様にも見えます。

海外ともなれば、マイケルジョーダンのような体格に恵まれた選手が多く、中には、チーム平均身長が200cmを簡単に超えてしまう事もあるでしょう。

身長と運動については「身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?」で詳しく解説しています。

バスケットボールチームのレギュラーになるためにも身長は高い方がベスト

 バスケットボール選手において、中学生なら180cm以上、高校生なら190cm以上の長身身長のプレイヤーが、ビッグマンと呼ばれています。

ビッグマンは、得点が絡む、あらゆるプレーを期待されているのです。

部活でバスケットボールをやるからには、試合でレギュラー獲得を目指したいものです。

メインの試合で、スタメンで選ばれるのは5人程度でしょう。

こうしたライバルに差をつけるためには、やはり数センチの差でも高身長であった方が、有利になると言えるのです。

もちろん、日本人プレイヤーの中には、バスケットテクニックの優れた田臥選手のように170cm代の選手でも、体の大きな外国人選手と対等に、それ以上にプレーしている事は有名です。

こうした選手は、やはり逸材のような存在とも言えますね。

ですが現実、バスケットボールプレーヤーの殆どが身長の高さによって、有利不利が決まるシビアな環境下にある事も念頭に置くべきでしょう。

何故バスケ選手はこんなに背が高いのか?

バスケット選手は、何故こんなに背が高い人ばかり多いのでしょうか?

もちろん、中には元々背が高いからバスケットを選んだ選手もいるとは思いますが、バスケットを好きで始めた人の方が多いと思います。

また、ジャンプ力を必要とするバレーボールも同じ事が言えますが、背が高いからその身体特長を活かして、背の高さを生かせるスポーツをスタートする人もたくさんいるのです。

その反面、バスケットプロプレーヤーに憧れ、バスケットを好きで始めた人の方が多いと思います。

では、やはりバスケットは身長を伸ばす競技なのかと期待してしまいますね。

結論から言うとバスケットは身長を伸ばすのにはとても適しているスポーツです

子供は、思春期に一番身長が伸びます。

その伸びは女子は一年で平均5~7cm、男子は10cm。

その仕組みは骨の先端の軟骨組織が骨の成長に関係しており、この軟骨組織が思春期を過ぎると硬くなり、硬くなったら殆ど伸びなくなってしまいます。

身長の伸びに関わる骨は、大腿骨、脛骨など下半身の骨がポイントになってきます。

この下半身の骨に刺激をどれだけ与えられるかがポイントとなってくるのです。

刺激と言っても、骨に対して「縦」の刺激を与えることが骨を伸ばすのに適した運動となり、またこの縦の圧力が強すぎても骨の発達を阻害してしまいます。

調度良い圧力、それが適度なジャンプ運動なのです。

バスケットはジャンプもあるものの、走ったり投げたりなども加わるので、ジャンプし続けて圧力がかかり過ぎる事もありません。

自宅でもできる身長を伸ばしやすくするバスケットトレーニング

バスケットボールを極めたいなら、どこかのチームに所属して練習、試合とこなすのがベストです。

ですが、もし「バスケットボールは身長だけを伸ばすためだけにやりたい!」と考えているならば、公園に設置されているバスケットゴールを利用してゴールを決める練習をするだけでも、ジャンプ力がアップして身長を伸ばす事ができるでしょう。

また、最近は成長段階に応じて、1歳児〜小学生頃まで使えるタイプのボールスタンドが通販などで販売されています。

屋内屋外兼用のボールスタンドとして使えるタイプもあるので、自宅の庭や部屋で簡単にバスケットボールらしい練習ができるのです。

特に成長期のジャンプ練習は骨端線に刺激を与えるため、こうしたバスケットボールの訓練を簡易的にできるものを利用する事もオススメですよ。

身長を伸ばしたいからと、慌ててバスケットボール団体に加入するなどしなくても、個人で楽しみながら骨端線に働きかける事は可能です。

バスケットボールをする上で気をつけたい事

小学生くらいになって「ミニバスケットをスタートしたい!」と思うお子さんもいるでしょう。

まずは基本からのスタートですが、この時、からだの使い方をしっかり覚えてバスケットのクオリティーをあげると共に、ケガをしにくい体に鍛えてあげる事が大事です。

骨端線付近のケガは、身長の伸びを妨げてしま事もあるため、注意が必要なのです。

そのためには、バスケットをする前に足の筋肉を柔らかくするストレッチや、足の形に合わせたバスケットシューズ・バッシュ選びをしっかりしましょう。

緩すぎたり、キツすぎたりするバッシュではケガの元になりますので、慎重に選びたいものです。

 夏の暑さに注意!

バスケットボールに限らず、夏の暑さによるスポーツ時の脱水症状は、体に最大の危険をもたらします。

こうした多量の汗流出は脱水症状とまではいかなくとも、体内に取り入れた亜鉛ビタミンカルシウムなどの身長を伸ばすために使用される栄養を汗と一緒に排出してしまう事になります。

バスケットボールで汗を流した後は、水分だけでなく、総合的に栄養を補う必要があるでしょう。

運動だけでは物足りない!背を伸ばす為に生活習慣も意識!

バスケットボールをはじめ、運動は背を伸ばすのに欠かせないポイントではありますが、それだけではせっかくの成長期なのでもったいないです。

実は運動だけで背を伸ばすには限界があり、他に身長を伸ばすには食事に含まれる栄養や、良質な睡眠をも必要とするのです。

運動と同時に栄養や睡眠も意識しましょう!

睡眠は成長ホルモンの分泌される22時~2時を意識すること、栄養は亜鉛アルギニンをポイントに考えてみてください。

特にアルギニンは体内で作れないので、外から取り入れるしかありません。

このアルギニンをしっかり摂取する事で、成長期ホルモンがうまく働いて背が伸びやすくなります

アルギニンは干湯葉、高野豆腐、落花生、ゴマなどに含まれますが、目安とされる1日の摂取量を食材から取るのはなかなか難しいのです。

落花生で100g、ゴマで100gと食べきれる量ではありません。

これだけの量を毎日食事から摂取するには、不可能に近いものもありますし、調理する手間はもちろん、食べる方も飽きがくるでしょう。

飽きがくると言うことは、継続するのも難しくなると言う事です。

したがって、身長を伸ばすために研究開発されたサプリメントなどを併用して、バランスを取るのがオススメですよ。

身長を伸ばすサプリを効果的に使用!

身長を伸ばすサプリには、効率良く身長を伸ばす事ができる栄養素がたくさん配合されています。

アルギニンをはじめ、その吸収を良くするビタミン類や亜鉛などが総合的に配合されているものが殆どです。

もちろん、部活動などをスタートさせたばかりの成長期年齢に相応しい処方になっているものが多いため、成長が著しい年齢には積極的に摂取する事が望ましいでしょう。

また、成長期は終了したけれども、もう少し身長が欲しいという方向けの身長を伸ばすサプリもあります。

どれをセレクトするかは、身長を伸ばすサプリのランキングや、口コミを参考にすると良いでしょう。

ジャンプ力で縦の運動を強化するバスケットボールに励むと同時に、内側から身長を伸ばすための栄養を補えるサプリと両面からの働きかけで理想の身長に近づけましょう。

まとめ

バスケット選手に必要な身長、そしてバスケットは身長を伸ばす運動だという事を説明しました。

バスケットボールに限らず、ジャンプ力を求められるスポーツは、無理せずに取り入れてあげる事で成長に大きく貢献してくれるでしょう。

今はまだ背が低くても、バスケットを続ける事によって背がこれから伸びてくるかもしれません。

また、睡眠や栄養を意識する事によって、より効果を増大する期待もできます。

その方法のひとつに、身長を伸ばすサプリを取り入れる事を考慮しましょう。

>>バスケットボールと併用して飲みたいサプリはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です