子供の身長を伸ばすには親の愛情が必要?愛情が成長に及ぼす影響

成長期のお子さんをお持ちのお父さんお母さんが気になるのは、やはりお子さんの成長かと思います。その中でも”身長”が気になる一つである親御さんは、やはり多いようです。

食生活、睡眠、運動に気を配ることはもちろん大切ですが、実は他にも、お子さんの身長を伸ばすためには欠かせない物があるってご存知でしたか?

あまり知られていませんが、将来お子さんの身長を伸ばしたいのであれば、溢れる愛情を注いであげる事が大切ですよ!

愛情を注いで育てることと、身長が伸びるかどうかには何の関係があるのか?

身長と愛情、この二つの深い関係についてご説明します。

母性剥奪症候群は成長を妨げ、身長を伸びなくする!

母性剥奪症候群とは、幼少期に一緒にいることの多い親の愛情が不足していることで発症する、精神的な病です。

母親や父親など、親の愛情が不足することにより、自信喪失・情緒不安定・食欲不振・睡眠障害などの症状が現れます。

こうした病気を発症しない為にも、子供の頃に愛情をどれだけ注がれているかどうかは、非常に大切なことと言えるでしょう。

またこの母性剥奪症候群は、成長にも大きく影響し、身長が伸びにくくなってしまいます

身長が伸びなくなる理由は、過剰なストレスを受けることで、成長ホルモンの分泌が阻害されたり、食欲不振になることで単純に栄養が足りなくなったりすることが原因としてあげられますが、放置してしまうと、ほとんど身長が伸びないまま成長期を終えてしまう可能性があります。

また、成長を阻害するだけではなく、そのまま治療を受けずに放置されてしまうと、深刻な精神障害を引き起こす可能性がありますので、親御さんはお子さんに惜しみない愛情を注いであげてください。

子供のSOSを見逃さずに、フォローするべき

子供の世界だって、大人が思っている以上にストレスが取り巻いています。

勉強、友達関係など…。

大人が愛情を持ってフォローしてあげなければ、子供はひとりで抱えこみ、心情が悪化し、食欲不振や不眠で成長に必要な栄養が摂取できなかったり、成長ホルモンが十分に分泌されなかったりしてしまいます。

怒りっぽく、暴力的なおかつ、胃腸障害や嘔吐などの自家中毒症状が見られたら、身長の伸びにも影響をきたします。親の観察と素早い愛情対処が大切です。

子供とのスキンシップを十分とろう!

kodomotosport

子供がある程度成長すれば、親は親離れしたと思いこみ、自然と親子のスキンシップは薄れていくでしょう。

スキンシップといっても、ベタベタしあうのではなく、日常の何気ない場面で親子のふれあう時間を少しでも設ける事です。

この時は満面の笑みと、深い愛情を持って接してくださいね。ですが、性別によってもふれあい方は変わってくるでしょう。

男子編

反抗期頃なら、親が買い物に誘ってもなかなか同行する事が少なくなります。

無理せずに誘うのではなく、子供が気乗りした時に、キャッチボールやバッティングセンターで汗を流すのもオススメです。

適度な運動と愛情が両得できるため、ホルモンが分泌されやすくなるでしょう。

女子編

成長期の女子は、特に父親を毛嫌いする時期があります。

これにショックを受けて、娘との会話が減る父親も少なくないでしょう。

こうした時期は、母親を挟んでコミュニケーションをはかりたいものです。

また、母親とショッピングに行くなど、女子の興味ある分野で会話や交流を増やし、愛情をしっかり与えてあげましょう。

まずは親の気持ちを整えよう!十分なストレス解消を

私たち大人が抱えるストレスは計り知れないものがあります。

勤勉な日本人にとって、仕事のストレスは必ずついて回るでしょう。

また、核家族化する親子関係から、頼れる年配者の存在も少なく、育児ストレスが生じます。

さらに、慢性疾患などによる病気ストレスを抱える大人もたくさんいるはずです。

これらは、あくまでも大人の悩みと考えて、子供に影響を与えないようにしなければならないのです。

母親編

女性なら誰でも、気持ちが沈みやすい生理前後、人によってはお腹や頭痛から人と話したくない日もあるでしょう。

そんな時、子供にも何らかの不機嫌な雰囲気をぶつけてしまっているかもしれません。体調が悪い日は父親の出番です!

この期間だけは父親に甘えて子供に愛情を注いでもらいましょう。

また、出産の高齢化もすすむ中、子供の成長期と母親の更年期症状が合致する時期があります。

女性の更年期はイライラ、落ち込みなどの自律神経のバランスをも乱しがちにするでしょう。

そうなれば、自分の気持ちの浮きしずみが、成長期の子供に対して影響を及ぼします。

当然のことながら、子供は母親の更年期症状の事を全くと言っていいほど知りません。

お母さんはいつも機嫌が悪いから関わりたくないと思ってしまう子供もいるでしょう。

父親編

残業や出張の多い父親ならば、子供と接する時間は必然的に少なくなるでしょう。

それ以上に、単身赴任世帯だって少なくありません。

自分のストレスは適度なお酒もアリだと思いますし、1人の時間をあえて使って身体を動かしたり、公衆浴場などでリラックスするのも良いでしょう。

もちろん、その後はストレスをリセットして子供に接してください。

単身赴任のケースは電話やメール、Skypeなどでのやり取りも効果的です。

特に、男の子ならではの悩みは男親に相談すべき方が良いでしょう。

ひとり親世帯の対処法

kodomotosyokuji

シングルマザーやシングルファザーなどのひとり親世帯では、どうしても子供を養う事が先行されるため、コミュニケーションの時間がとりづらいでしょう。

小学生くらいになれば1人で留守番させる時間も長くなり、寂しい思いをする子供は少なくありません。

そんな寂しい時間は、地域の手を借りましょう。

たとえば、お寺などでひとり親世帯を支援する援助機関などがあり、親のいない間はそこの支援する大人がフォローしてくれます。

愛情ある成長期に欠かせないご飯やおやつを食べさせてくれたり、宿題を教えてくれたりと、様々な面から愛情を与えてくれるでしょう。

もちろん、親が愛情をかける事が基本ですが、こうしたやむおえない事情がある場合は、他の大人のチカラを借りるのは、最善の策です。

また、人間ですから、親だって気持ちをコントロールしかねる時は、医療や行政のチカラを借りるべきでしょう。

自分も子供にも良いアドバイスやフォローをしてもらえます。

それがきっかけで子供にも愛情をかける余裕ができるのです。

身長が小さい=愛情を注がれていないというわけではない

369712966_6655a2a53a_z

もちろん、身長が小さいからといって、愛情がしっかりと注がれていないかどうかというと、決してそんなことはありません。

身長の成長具合は、元々の体質や遺伝によるもの、日頃の食生活などの環境が要因になることがほとんどですので、どんなに溢れるばかりの愛情を注がれていても、身長が小さいまま大人になってしまったという方はたくさんいます。

「自分は親に愛されなかったから身長が伸びなかったんだ…」

「身長が小さいのは、子供の頃虐待されていたからかな…?」

このような、大きな勘違いをして、周囲を困らせないように気をつけてくださいね。

大人になってからでも身長を伸ばす方法とは?

大人になってからでも、身長を伸ばす方法というものは実はいくらでもあります。

ストレッチや運動、手術や食生活など、様々な方法があるのですが、手っ取り早く、手間をかけずに身長を伸ばしたいという方には、身長が伸びるサプリがオススメです。

身長が伸びるサプリは、成長期が終わってしまった大人にも大きな効果を表す商品で、飲み続けることで身長が5㎝以上伸びたという方も!

大人になってからだって、身長があと数㎝高ければ、ファッションやスポーツでもメリットがあるのに…と思う人も少なくないはずです。

>>身長を伸ばす栄養サプリメントのオススメはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です