身長を伸ばすには亜鉛が必要栄養素!過剰摂取には注意が必要

背を伸ばすために必要な栄養と聞かれると、大抵の人はカルシウムやたんぱく質が出てくると思います。

もちろん骨や丈夫な体を作るにあたって、カルシウムもたんぱく質も必要です。

しかし、その栄養をしっかりと活かすためには亜鉛が必要なのです。

そんな体の成長や発育に必要不可欠とされている、亜鉛について説明していきたいと思います。

亜鉛、カルシウム、たんぱく質の関係性

亜鉛は成長ホルモンの元となるたんぱく質や遺伝子を作る酵素に含まれている物質で、の発達に直接関わる栄養です。

骨や皮膚、内臓などが新しい細胞を作る際の司令塔となる役割を持っているので、その亜鉛が不足してしまうとたんぱく質がうまく合成できなくなってしまったりして、骨が伸びなくなってしまいます

実際に背の高い子供と背の低い子供を比べてみても、体内の亜鉛は背の高い子供の方が多い数値となった結果も出ているのですよ。

背の高さが必要なキャビンアテンダントの学校などでも、亜鉛の摂取を勧めているくらい。

また成長の遅れが出ている患者さんには「亜鉛の欠乏症」である事が多いという結果も出ています。

亜鉛の理想的な摂取量とは

通常の食生活を送っていれば亜鉛不足は生じないのですが、何らかの要因で亜鉛不足になる事も否めません。

亜鉛の理想的な摂取量は以下のようなものです。

男性で1日10mg

女性で1日8mg

こうして数字だけ見ても、足りているかいないかはイマイチわからないため、以下のような症状をチェックしてみましょう。

亜鉛不足チェック!

  • □傷が治りにくい
  • □肌あれがしやすい
  • □吹き出物やシミが目立つ
  • □抜け毛が目立つ
  • □爪が変形したり、変色したりする
  • □二日酔いしやすい
  • □貧血や立ちくらみが頻繁
  • □風邪などの感染症にかかりやすくなった
  • □味覚が鈍くなったり、苦味がある
  • □疲労がたまりやすくなった
  • □うっかり物忘れが多くなった
  • □女性なら、月経が不規則である
  • □耳鳴り、聴力低下の兆候がある

亜鉛と身長の関係

亜鉛と身長の関係は、次にあげるようなものです。

成長ホルモンをはじめとしたホルモン分泌をスムーズにする

 亜鉛には身長を伸ばす時に必要な成長ホルモンや、性ホルモンの分泌をスムーズにするための作用があります。

自律神経のバランスを整えてストレスを抑える

 亜鉛には自律神経を整えて、日頃蓄積したストレスや疲労を緩和する効果があります。

ストレスは時に、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの分泌を留めてしまうため、亜鉛によるストレス緩和作用は貴重なものです。 

肝機能向上で成長ホルモンをスムーズに

 肝臓には、成長ホルモンを軟骨細胞の増殖に関係するIGF-1に換える働きがあります。

ですから、肝機能が低下していると、成長ホルモンがうまく機能せずに成長が阻害されてしまいます。

亜鉛により、肝臓の機能が整えば成長ホルモンが十分に機能して、身長が伸びやすくなるでしょう。

 質の良い睡眠に入りやすい

亜鉛には安眠効果もあります。

身長を伸ばすための成長ホルモンは質の良い睡眠時にたくさん分泌されるため、亜鉛による睡眠効果はクオリティの高い睡眠に入れる事でしょう。

味覚が安定するため栄養をとりやすい

亜鉛不足は、時に苦味を感じたり、味覚の不調が生じやすいものです。

そんな味覚障害のままでは、食事が楽しくなくなるでしょう。

亜鉛が十分にとれていれば、様々な食材の味を楽しめて、バランスよく身長の伸びに必要な栄養素が摂取できますね。

亜鉛の摂取の仕方は?

亜鉛は牡蠣、レバー、牛肉、チーズ、納豆などに多く含まれています。

食材だけ見るぶんには、あまり特殊な食べ物はないので摂取しやすいと思いますが、実は吸収できるように摂取する際に気をつけてあげないといけない栄養素です。

食物繊維や鉄、銅、フィチン酸と一緒に摂取してしまうと吸収を妨げてしまいます

フィチン酸と言うのは聞きなれないと思いますが、こちらは穀物や豆類、添加物に含まれているもの。

添加物に溢れた現代社会ではこの添加物に亜鉛が吸収を妨げられて、吸収されずに外に出てしまう事が多いのです。

また、夏に汗をかくと亜鉛は一緒に流れてしまうので夏場は特に、いつもよりも多めに亜鉛の摂取を心がけましょう

亜鉛が失われやすい状況とは 

亜鉛が失われやすいシーンはいくつかあります。

以下のような生活を送っていると、必至に亜鉛を取り入れていてもすぐに流出してしまうでしょう。

亜鉛を補給する事と同じくらいに、亜鉛が失われない生活を心がける事も大切です。

激しい運動には気をつけて!

また、夏に汗をかくと亜鉛は一緒に流れてしまうので夏場は特に、いつもよりも多めに亜鉛の摂取を心がけましょう。

さらに、激しい運動も多量な汗をかきやすくするため、激しい運動の後は亜鉛を意識した食事を摂取しましょう。

 インスタント食品、加工食品

 カップラーメンなどを含むインスタント食品には、加工の過程で亜鉛の吸収を妨げるフィチンが発生してしまいます。

なるべくこうした加工食品類は避けて、天然の食材を中心とした食事を取り入れましょう。

ダイエットでも失われやすい

 思春期の成長期には、自分の体型を気にしてダイエットをしだす女子も多くなるでしょう。

こうしたダイエットは亜鉛はもとより、他の成長に必須な栄養素も摂取しにくいのです。

無理なダイエットは控えて、成長期に必要な栄養素を十分に得ましょう

タンパク質、脂質の過剰摂取

タンパク質脂質も、成長には欠く事のできない栄養素です。

ですが、これらの過剰摂取は亜鉛の吸収を妨げます

ほどよく摂取する事が理想です。

他にも飲酒やストレスなども、亜鉛の吸収を阻害する要因となりますので気をつけましょう。

亜鉛の吸収を助ける成分とは

一方、亜鉛の吸収を助ける成分に、果物や野菜に含まれるビタミンCクエン酸があげられます。

亜鉛だけでなく、こうした他の成分も積極的に取り入れたいものですね。

亜鉛は摂りすぎに気をつけて!

亜鉛は身長を伸ばすために一役買ってくれますが、摂りすぎはいけません。

過剰摂取はめまいや頭痛、吐き気など「急性亜鉛中毒」を起こしてしまうリスクがありますよ。

また先ほども説明したように、亜鉛は鉄や銅と反発して吸収を妨げてしまうのです。

亜鉛の量が過剰だと、鉄や銅が足りなくなってしまい鉄欠乏症から「貧血」、銅欠乏症から「コレステロール値の異常」などを引き起こしてしまう可能性があります。

ただ、亜鉛の過剰摂取は食べ物からというよりも、容量を守らずにサプリを飲んだ場合が多いです。

どんなに背を伸ばしたくても、サプリに記載されている量以上摂るのは辞めましょう。

また、あくまで他の栄養とバランスよく摂る事に意味があります。

偏った食事にせず、バランスよい食事を心がけましょう。他に成長に効果的な栄養はコラーゲンマグネシウム鉄分アルギニンビタミンA.C.Dがオススメです。

身長を伸ばすサプリメントに注目!

 亜鉛は、身長を伸ばすために欠く事のできない重要な栄養素です。

ですが、身長を伸ばすには亜鉛だけでなく、アルギニンカルシウムなども必要になるでしょう。

特に、亜鉛とアルギニンの相乗効果は最も期待できるといっても過言ではないのです。

また、懸念すべき亜鉛の過剰摂取も、こうした用量の決まっているサプリならば用法を厳守すれば安心ですね。

 身長を伸ばす気持ちが強い人や、成長期のお子さんを持つ親子さんは、亜鉛単体のサプリではなく、身長の伸びに特化したサプリを使う事が効果的です。

 まとめ

亜鉛は、身長を伸ばすのに大変効果的です。

しかし、過剰摂取の副作用などもあるので、上手にバランスよく摂取しましょう。

亜鉛のサプリメントよりは、背が伸びるための栄養を中心に、亜鉛が含まれるものを摂取するのも安心ですね。

亜鉛だけでなく、アルギニンやカルシウムが総合的に配合された身長を伸ばすサプリならば、成長期のお子さんのためにはオススメです。

また、現代人は亜鉛を摂取しても流出しやすい生活を送ってますよね。

ハードな運動や、ダイエットなどを避ける事も大切です。

>>亜鉛を含む身長を伸ばすサプリはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ