身長を伸ばす運動とは?どんな運動で背が伸びる?

ba55925b7411da9e3cb8ec2c6c71443e_s

身長を伸ばすためには、基本的な生活を正すことが大切です。

食事は栄養バランスをきちんと考えて摂取する、睡眠を毎日きちんと取るなど、基本的なことがあげられますが、食事、睡眠と同じくらい大切なものが、“運動”があげられます。

運動はどうして成長を伸ばすために大切なのか?

どのような運動をすることで身長を伸ばしやすくなるのかなどと、合わせてご説明していきます。

運動をすると身長が伸びやすくなるのはなぜ?

運動をすることによって、筋肉や体の細胞が刺激され、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

その為、成長期を終えても成長ホルモンが各部分に影響を与え、成長を促すことが出来るのです!

親は子供の頃から適度な運動をするように促し、理想の身長に近づけてあげましょう。

また、運動といっても、自宅の庭でできるような軽い運動から本格的にこなす運動などがあるため、どんな運動がお子さんの身長の伸びに一番良いかを考えて提案していきましょう。

成長期を終えた方でも効果がありますから、成長期の子には更に効果が抜群!

terebimirukodomo

毎日運動をすることで、何もしなくても分泌される成長ホルモンが更に多く分泌されますので、成長期の子は特に、毎日定期的に運動をすることをオススメします。

運動が苦手なお子様への対処法とは?

お子さんによっては、運動がまるっきり苦手で、親がどんな運動を提案してあげても興味を示さない。という事は少なくありません。

子供に不向きな事を無理やりやらせるのは、子供のストレスにつながります。

ストレスは不眠につながり、成長ホルモンを阻害します。そのため、子供が興味を示さない運動を推し進める事はやめましょう。

また、運動は体育の授業だけでも十分です。それでも不安ならば、夜寝る前にストレッチ程度の運動をすれば良いでしょう。

そして、運動をたまにするだけでは、身長がグンと伸びるような、都合の良い話はありません。

毎日少しの時間に運動を負担なく継続させる事が成長ホルモン分泌の安定化に繋がり、いつの間にか身長が伸びるという嬉しい結果に発展するでしょう。

適度な運動が栄養摂取をスムーズにしてくれる

適度な運動をすれば、その分消費カロリーも上がり食欲が湧きます。

逆に運動をしなければ、なかなかカロリー消費されずに食欲が湧きません。食事は身長を高くする栄養素が摂取できる最高の手段です。

運動で得られるのは、成長ホルモン分泌促進だけでなく、食欲増進による食事からの必須栄養成分だという事を念頭におきましょう。

適度な運動は良質な睡眠を促す

適度な運動は体を疲れさせるため、夜ぐっすり眠りにつく事ができるでしょう。

良質な睡眠は成長ホルモンを盛んに分泌させるため、スムーズな眠りにつくための1つの方法として運動は大切という事になるでしょう。

一方で過度な運動は、脳を興奮しやすくするため、寝る前寸前の激しい運動は控えるようにしましょう。

夏場は身長が伸びる!?運動との関係性

季節によっても、お子様の身長が伸びやすい時期があります。

夏場は日も長く、日光に当たる事が多いため、体内で成長に必須であるビタミンDを合成しやすくなるでしょう。

夏にお子さんの身長が伸びやすいのは、太陽の光を十分に受けられる環境と、外で存分に太陽の光りを浴びながら運動する時間が長く、運動量も多くなるためです。

お子さんが長い時間遊べて運動できる夏という季節こそ、身長を伸ばせるチャンスと言えるでしょう。

もちろん、雪や雨などで運動しにくい季節でも、体育館や室内での軽い運動はできます。季節問わず運動する事を促しましょう。

どんな運動をすると、身長が伸びやすくなるの?

kodomobaree

運動にも様々な種類の運動がありますが、動けば何でも良いという訳ではありません。

身長を伸ばしやすくする運動や、反対に成長を妨げる可能性がある運動をご説明します。

また、「あの運動は身長を伸ばす!」「あの運動は身長が伸びない!」と巷で噂されるような身長と運動の関係性も再度見直し、先入観が先に立たないようにしたいものです。

身長を伸ばしやすくする運動

身長を伸ばしやすくする運動は主に、ジャンプをする運動や無理の無い有酸素運動ストレッチ運動を含んでいる運動などがあげられます。

例えば、バスケットボール縄跳びをはじめ、水泳、ランニング、新体操やバレエなどがあげられるでしょう。

特に新体操やバレエは、ストレッチをすることで筋肉にも刺激が与えられ、成長ホルモンが分泌されやすくなりますのでオススメです。

難しいようであれば。毎日15分程ランニングをすることを習慣化しても良いと言えるでしょう。

身長を妨げる可能性がある運動

身長を伸ばしづらくする運動は、体に負荷をかけすぎる運動や、筋肉をつけてしまうような運動があげられます。

激しすぎる筋トレなどがあげられるでしょう。

特に、成長期に必要以上に筋肉をつけてしまうと、成長が伸びにくくなってしまう傾向がありますので、注意が必要です。

筋トレをする際には、体に必要以上に無理のかからない範囲で行うように心がけましょう。

成長期のお子さまは、異性からモテたいという思いも強くなり、マッチョ系の男性を目指したがることもあるでしょう。

どうしても過度な筋肉をつけたいのであれば、成長期が終了し、身長が伸びた後に筋トレする事がオススメです。

お子さんの嫌がる運動を無理にさせない!

indoorkodomo

スポーツが苦手で、読書などのインドア派のお子さんもたくさんいます。

そうした子に、「身長を高くしてあげたいから、運動をしなさい!」「中学に入ったら絶対に運動部に入部しなさい!」などと親の独断で無理やりすすめるのは良くありません。

思春期のストレスは、成長ホルモンの分泌も抑えてしまうため、親がストレスをかけるような行為は、子供が運動しない以上に身長の伸びを鈍くするという事を忘れないでください。

そうしたインドア派のお子さんが不安ならば、身長サプリメントでフォローすれば安心なのですから!

運動後に飲用する飲みものは?

運動をして汗を流せば、体の中のミネラルや、塩分をはじめ、成長に必要な成分も失いやすくなります。

そこで、スポーツをしている子供が飲む事が多い、スポーツドリンクも良いですが、青汁を飲むのもオススメです。

青汁は、お子さんの身長伸びに必須な栄養をたくさん含んでおり、野菜をなかなか食べられないというお子さんさんにも飲みやすいように工夫されているタイプもたくさんあります。

青汁を牛乳で割って、スムージーにして飲用するのもカルシウムが同時に摂取できるので理想的ですね。

青汁も牛乳もどちらも苦手だったり、運動後に飲むには、持ち歩きが不便だったりする時は、身長サプリメントだけでも、身長の伸びに必要な必須栄養が十分とれます。

成長期が終わっても、身長を伸ばすことは可能です!

成長期が終わっても、少量ではありますが、成長ホルモンというものは生成されています。

その為、成長期を過ぎても身長を伸ばすことは可能なのです。

ですが、何もしないで健康的な生活を送っているだけでは、そう簡単に身長を伸ばすことは出来ません。

健康的な生活を送ることと合わせて、成長ホルモンの分泌をよりたくさん促す必要があります。

日々の生活を送りながら、身長を伸ばすサプリメントなどを合わせて摂取することで、成長ホルモンの分泌を促し、身長を伸ばす効果が期待できるでしょう。

身長を伸ばすサプリメントには様々な種類がありますので、自分に合っているサプリメント選ぶことが大切ですよ♪

まとめ

身長を伸ばすには、幼い頃からの適度な運動が必要です。適度な運動をお子さんにとって負担なく継続できていれば、成長ホルモンを刺激して、日々身長を伸ばせるでしょう。

運動は激しすぎは良くありませんが、軽度な運動ならば、成長ホルモンで満たされる夜にすぐ眠りにつけて、食欲も増し、栄養も十分にとれるでしょう。

運動をする事で良質な睡眠と食欲の安定化をももたらしてくれるのです。

また、運動が苦手な子供には、無理維持して運動をさせる必要がなく、家庭で軽い縄跳びやストレッチなどをする事で十分です。

また体育の授業や通学帰宅時の歩行だけでも、運動効果を得られるでしょう。

そして、インドア派で心配なお子さんにも、身長サプリメントがあれば、安心して発育を見守る事ができます。

>>身長を伸ばすサプリメントの人気商品はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ