身長を伸ばす手術って本当に大丈夫?イリザロフ法って何?

bc15c20f9b8d262c01f5932342ae8f4a_s

お子さんの身長でお悩みの親御さんも多いと思います。特に男の子のお子さんならば、思春期時期には悩みとして頭をかかえる事もあるでしょう。

男女問わずに、コンプレックスを抱えている方が多い身長

「あと2㎝くらい身長があれば…!」

「責めて身長が160㎝以上あれば良いのに!」

モデルを目指す若い女の子ならば、身長が高ければ高いほどオーディションで有利とする考え方もあるでしょう。

夢を追い求める年頃の女の子にとっても、長身にこだわる事は珍しくありません。

このように、もう少しで理想の身長になれたのに…と思う方も少なくないようです。

そんな身長は、成長期を終えた後は伸びにくくなるものと言われていますが、決して伸びない訳ではありません。

日頃の食生活を見直したり、適度な睡眠運動をするとこで、身長が伸びやすくなる体を作ることが出来ると言えるでしょう。

ですが、これらの方法はどうしても時間がかかる上に不確実な方法と考える方も多く、もっと確実な方法で身長を伸ばしたいと思う方も少なくありません。

より早く、確実に身長を伸ばしたいという方には、他にもいくつか方法があります。

その中の一つに、身長が伸びる手術を受けるというものがあるのですが、身長を伸ばす手術とは、一体どのようなものなのでしょうか?

身長を伸ばす手術の方法や、そのやり方についてご説明します。

身長を伸ばす手術って何?

身長を伸ばす手術にも色々な種類があるようですが、主に行われている方法は「イリザロフ法」という手術方法です。

この手術方法は、特殊な金属を膝から下に埋め込み、少しずつ骨と骨との間にある骨端線の間を開けていき、身長を伸ばしていく方法です。

骨端線は元々、幼少時には間が空いているもので、この部分が広がっていくことで、身長が伸びるかどうかが左右されるのです。

大人になるとこの骨端線は閉じてしまい、成長が止まりやすくなると言われています。

この骨端線にダイレクトにアタックする手術方法なので、確実に身長を伸ばすことが出来ます。

身長を伸ばす手術は、どのくらい身長が伸びる?

身長を伸ばす手術は、順調に最後まで施術を行えば、10㎝ほど身長が伸びることもあります。

効果には個人差がありますが、多くの方が、最低でも6~7㎝ほど身長を伸ばすことが出来るようです。

このくらい伸ばすことが可能ならば、モデルになるための夢が叶うかもしれませんし、女の子に対する身長に関するプレッシャーが吹き飛ぶかもしれませんね。

身長を伸ばす手術をした後の経過とは

kossetukodomo

身長を伸ばす手術は、確実に身長を伸ばすことが出来ますが、やはりそれだけデメリットも出てきます。

運動や勉強に影響をきたすかもしれない痛み

まず、痛みが非常に強いということ。

くっついている骨を無理やりはがして施術を行うわけですから、痛み止めが効かないほどの痛みを覚悟しておいてください。

子供が成長期によく足の痛みを訴える成長痛をご存知でしょうか?その痛みも、寝れなくなる程痛いと嘆くお子さんもたくさんいます。

ですが、成長痛は朝起きると、嘘のように痛みがなくなっているという特徴があります。

一方で身長を伸ばす手術の痛みは、かなりの激痛ですから、スポーツや勉強に集中できなくなるリスクも伴うでしょう

子供の時期は、好きなスポーツに没頭したり、勉強したりするのが理想でもあります。

中には受験を控えているお子さんも少なくありません。

そんな時に、何事にも集中できなくなる程の激痛を伴う身長手術をすべきでしょうか?やはり手術は慎重に決断すべき事だと思います

ファッションにも影響!?傷跡が残る

次なるリスクは手術跡が残るという点です。

手術の方法の特性上、施術後は大きな傷跡が残ってしまいますので、傷跡を残したくないという方にはオススメできません

せっかく、念願の高身長を獲得しても、手術跡でファッションの幅が狭められてしまっては、ビジュアル目的の手術だったはずが、傷跡悩みに移行してしまう事もあるでしょう。

見た目のバランスが悪くなった

身長手術は成功したけれども、足だけ長くなって手足が短いまま、術前に比べてスタイルがアンバランスになったという人もいます。

確かに身長だけを見れば満足な結果かもしれませんが、人間は全体のバランスがとれてはじめてスタイルの良し悪しが決まります。

お子さんが、成長過程なら尚更、どのように手足が成長するか、不明瞭な部分もあるため、背の高さだけでなく手足の長さや、首の長さのバランスなども含めた総合的なスタイルの良さを実現させた方が良いでしょう。

やはり、身長にだけにこだわる手術は控えた方が良いでしょう

莫大な費用面

費用面で言えば、事故や低身長などの医療目的で行われれば、保険の範囲内で可能であるケースが殆どですが、ビジュアル目的の美容手術であればかなりの額を支払う事になるでしょう。

身長を伸ばす手術は、美容整形に似ている要素をも持っていますから、保険適用とはならないでしょう。

そして、それだけの費用は親が全部工面する事になります。

そして子供には、この時期、学費や塾などの教育費も高額にかかってくる事も念頭におきましょう。手術費用がかさんで、教育費が捻出できないようでは困ります。

海外で手術を受けた場合のリスクとは

また、海外における身長手術の実例が豊富で、わざわざ海外で手術を受ける人がいるくらいです。

海外では身長手術をする医師もたくさんいて、患者側で選ぶ事も可能ですが、言葉の壁による意思疎通が難しく、白人と日本人の骨形成の違いも含め、十分なカウンセリングができません。

そのまま手術を受け、納得できずに理想とは違う手術結果で帰国するという…腑に落ちないことも出てきてしまうのです。

こうした理由から、安全な医師で評判良い事は理解していても、海外での手術はあまりオススメできません

感染症のリスクが高い

また、感染症の発症率は、25%〜30%と高確率なため、術後の覚悟はしっかりしなければならないでしょう。

症状としては、高熱が出たり、皮膚の傷跡から、ばい菌が入ったり、化膿したりなどの不快な症状が発症するでしょう。

足は曲げ伸ばしする部位ですから、長期間安静に入院でもしない限りは、どうしても動かさなければならなく特に活発なお子さんの場合、無理をして、感染症リスクが高くなるケースは否めません。

これらの手術リスクを考えると、身長を伸ばすのには、生半可な覚悟では行うことが出来ない施術方法と言えるでしょう。

それだけの思いをしてまだ施術を受けるのであれば、その前にまず、もっと楽な方法で成長を促すケアをすることをオススメします。

手術前にしておくべき適切な方法!

kodomousiro

様々なリスクを考えれば、手術はお子さんにとっても、親御さんにとってもかなりの負担が生じる事は間違いないでしょう。

結論から申し上げれば、身長を伸ばす手術を実行する前にぜひやってほしいことは、ズバリ身長が伸びるサプリを飲むという事です。

上記で述べたように、身長を伸ばす手術には様々なリスクがつきまといます。痛み、感染症、費用などのあらゆる観点から比較してみても、身長サプリを活用する方が効率よく身長を伸ばす事ができるでしょう。

様々な種類がありますので、自分に合うサプリメントが見つかれば、簡単に身長を伸ばすことが出来るかもしれません。

まとめ

大事な子供期に身長を伸ばす手術をして、痛みや感染症で興味のある事に集中できなかったりするのは、子供にとって不本意だと感じるでしょう。

そんな事を考えずに気楽に身長を伸ばせるのが、身長サプリの魅力とも言えるのです。

また、親の経済的負担が増えれば、教育費などが足りなくなったり、無理して借金を作ったりと生活にまで、影響を及ぼす事になるでしょう。

子供期にはなるべく味あわせたくない、苦痛な手術を避けてサプリの力に委ねてみるのも良いと思います。

>>オススメの身長サプリはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ