身長を伸ばすための睡眠方法!質の良い睡眠で身長を伸ばそう

2310956588_258be44878_z

身長を伸ばすためには欠かせないのが、適度な睡眠

身長を伸ばすために、日頃の睡眠で心がけることとはどのようなことなのでしょうか?

睡眠時に気を付けるべきことなどをご説明します。

「寝る子は育つ!」という言葉の意味は、以下に説明する内容で納得してもらえるでしょう!

身長を伸ばすための睡眠方法とは?

身長を伸ばすためには、とにかく眠ることが大切です。

睡眠時間は一日6~8時間程が理想的で、8時間以上眠ってしまう分には、特に問題ありません。

(ただし、長時間の睡眠は良質な睡眠ではない為、記憶の定着などにはあまり関係ないようです。)

最低でも、一日6時間以上は眠るように心がけましょう

ですが、この理想の睡眠時間は大人に関するものです。

成長期のお子さんは、さらなる睡眠時間の増加をオススメいたします。ちなみに、お子さんなら最低でも8時間はキープしたいものです。

また、成長ホルモンが最も分泌されやすくなるのは、一日の終わりである夜と言われています。

その為、夜に眠るようにすることで、成長ホルモンの分泌がより活発になり、身長が伸びやすくなると言えるでしょう。

生活リズムが壊れている方は、成長ホルモンが分泌されにくくなっていますので、まずは、朝起きて夜にしっかり眠るというリズムを作るように努力してみて下さい。

また、『身長を伸ばす要因に関する統計的分析』という研究結果がPDFで出ていますので、身長を伸ばしたいと考えている方はコチラもぜひ参考にしてください。

身長を伸ばす要因に関する統計的分析

睡眠の長さだけでなく、質の良さも追求しよう!

kdomosuimin

たくさん時間をかけて寝たから良いというわけでもありません。

しっかり熟睡できている事が大切になります。

長い時間横になっていても、脳がしっかり休めていなければ、十分なホルモン分泌ができないのです。

例えば、お子さんが夢にうなされて何度も起きてしまったり、夜中何度もトイレに起きる習慣があったりすれば、睡眠が断絶されて、視床下部から分泌されるはずの成長ホルモンがスムーズに出なくなる事もあるのです。

朝、お子さんが機嫌よく起きてきて、朝食もモリモリ食べるようなら、「昨夜はしっかり質の高い睡眠が取れたのね」と思えるでしょう。

一方で、朝の目覚めが悪くダラダラ食事をとるようでは、なんとなく睡眠が足りていなかったり、質が悪い睡眠だと察してあげてください。

睡眠前にやっておくべきこと、やってはいけない事とは?

しっかりと眠るためには、睡眠時の環境が非常に大切です。

その為、睡眠前にはこのようなことを行うように心がけましょう。

布団や枕を寝心地が良い物に変える

布団や枕に何らかのストレスがあると、睡眠時も無意識にストレスを感じることがある為、極力ストレスが無い環境で眠ることが出来るように、準備することが大切です。

最近は、ポータブルゲームやスマホの影響などから、首コリを起こす小学生も少なくありません。時代の流れという事で、ある意味仕方のない事かもしれませんが、せめて、眠る時には、首の疲れを緩和させる枕があると良いですね。

個人にあった枕を設計、製作してくれるショップなどもあるため、利用するのもオススメです。

ストレッチを行う

ストレッチを行うことで、血流が良くなり眠りやすくなるという効果のほかに、体を解して、成長ホルモンを体に巡りやすくする効果が期待できます。

毎日眠る前に、ストレッチを簡単にしてから眠ることをオススメします。

ストレッチといっても、小学生向けの簡単なストレッチで十分です。

例えば、夏休みの朝にするようなラジオ体操などをイメージしてみてくださいね。

体を温めて眠る

体を温めてから眠ることで、より深く眠ることが出来るようになり、体をしっかりと休めることが出来るようになります。

ですが、運動をしてからすぐに眠るのはNG!

アドレナリンが分泌されてしまい、睡眠を取ることで分泌されやすくなるはずの、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。

体を温める際には、入浴などの、静かに温めることが出来る方法を行うように心がけましょう。

入浴も、半身浴などが体の内側から温める最善の方法ではありますが、子供なので長時間入る事でのぼせたり、飽きたりする事もあるでしょう。

半身浴にこだわらずに、いつもより少し温めの浴槽に、ちょっぴり長めに入浴するという事からスタートしましょう。

スマホなどのを操作させない

kodomosumaho

寝る前、画像をなるべく見ないようにしましょう。近年、子供に限らずスマホ画面を見すぎて、脳が興奮しなかなか寝付けないという人も増加しています。

まずは、良いお手本となるように大人である親から気をつけたいものです。

また、スマホを操作すればするほど、ネットサーフィンを続けていつのまにか何時間も経過していたという話を聞きます。

依存性の高さから睡眠にまで影響を及ぼします。

覚醒作用のある飲みものは飲まない

子供なので、まだカフェイン入のコーヒーを好んで飲用するケースは稀かと思います。

ですが、覚醒作用の高いカフェインは、コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶にも配合されていますから、寝る前に飲用すれば、眠りを妨害してしまう可能性があります。

もし、どうしてもお子さんが寝る前になんらかの飲み物を求めるのであれば、身長を高くするのに最も貢献してくれるカルシウムたっぷりのホットミルク与えましょう。

牛乳には、精神を安定させる効果もあるため、眠りをサポートしてくれるでしょう

お子さんの睡眠障害を改善してあげよう!

お子さんが眠くても寝付かれない理由に、なんらかの慢性疾患を患っているケースがあります。

以下にあげる疾患は、親が早めに気づいて医師の元で治療を受けさせてあげる事が大切です。

アレルギー性鼻炎・喘息

ハウスダストや、花粉症など、慢性的に鼻や喉などの疾患で、鼻づまりや咳がひどくなり、眠りにつけないというお子さんもいます。

季節の変わり目や、部屋の埃にはしっかり気を使い、鼻炎薬などと併用して子供が寝やすい体調づくりをサポートしてあげましょう。

扁桃腺肥大による無呼吸症候群

就学時前に発症しやすい症状です。

夜中のイビキや無呼吸症状が現れたら、お子さんは、熟睡できていませんし、成長ホルモンが分泌されづらい状況となります。

早めの耳鼻科治療が必要ですし、酷い場合は、手術で扁桃腺やアデノ肥大を取り除く事も考えましょう。

夜尿症

夜中に尿意を感じてトイレに頻繁に行く事です。膀胱が未発達で、尿を貯めておけないお子さんがなりやすいです。

通常、膀胱のおおきくなる5歳くらいには落ちつく症状です。また、尿が溜まっていても夜中熟睡しているのであれば、問題はありません。

ですが、夜中に何度もトイレに行くのであれば、睡眠がしっかりとれていない証拠です。

膀胱や腎臓の疾患が認められなければ、お子さんがなんらかのストレスを感じて、自律神経のバランスを崩しているのかもしれません。

この場合、親がよりそって不安を解消してあげなければならないでしょう。

睡眠をしっかり取れば、身長は伸びてくれる?

kodomonemuri

睡眠だけをしっかり取れば、身長は伸びるかと言われると、残念ながらそんなことはありません。

確かに多少は伸びやすくなるのですが、なかなか目に見えた効果がすぐには表れないでしょう。

理想の身長になるためには、睡眠の他にも食生活運動に気を付けることが大切です。

身長サプリも取り入れてみよう!

出来るだけ早く、効率よく身長を伸ばすためには、身長を伸ばすサプリなどを摂取することもオススメです。

毎日摂取することで身長を伸ばしやすくする成分を補うことが出来ますので、出来るだけ早く身長を伸ばしたいという方は、栄養バランスが整っている食事を食べ、適度な運動、良質な睡眠を取ることと合わせて、摂取してみてください。

まとめ

お子さんの体は未発達な部分が多く、それを大人がバランスよくサポートする事が大切です。

特に睡眠は、食事と同じくらいに身長の伸びに重要な要素を持っています

子供の周囲を取り巻く、睡眠妨害する要素を取り除き、質の良い睡眠がとれるようにサポートしなければならないでしょう。

また、身長サプリを上手に使用する事で、スムーズに身長を伸ばす事ができるはずです!

>>身長サプリの人気ランキングをチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ