筋肉をつけると身長が伸びるのか伸びないのかどっち?筋肉と身長の関係

身長を伸ばす妨げになる可能性があるのが、必要以上の筋肉です。

もちろん、あまりにも筋肉量が少ないと何かと問題なのですが、マッチョレベルになってしまうと、そこから身長が伸びにくくなってしまうという見解です。

なぜ筋肉があると身長が伸びにくくなってしまうと言われているのでしょうか。

一方で筋肉をつける事で、成長ホルモンが活性化し、身長を伸ばしやすくしてくれるという考え方もあります。

専門家の間ではこうした身長と筋肉に関する考え方が分かれるのです。

身長と筋肉の関係性をご説明します。

筋肉があるとなぜ身長は伸びにくくなるのか?その理由は固さに合った!

筋肉をつけると身長が伸びないと考えられる理由

筋肉というものは、内臓を外からの衝撃から守ったり、体を引き締めたり、様々な効果があることで知られていますが、あまりにもたくさんついてしまうと、身長が伸びにくくなってしまうのです。

その理由は、筋肉が持つ固さがあげられます。

この固さは成長ホルモンの分泌を妨げ、骨や皮膚の成長を妨げてしまうデメリットがありますので、必要以上につけてしまうと、身長が伸びにくくなってしまいます

特に、成長期のうちから激しい筋トレをして筋肉をつけすぎてしまうと、成長ホルモンの分泌が大きく阻害されてしまいますので、注意が必要です。

筋肉があると身長が伸びやすくなるという理由

一方で、子供の場合、筋肉が骨を抑えるパワーよりも、骨成長のパワーの方が強いため、逆に筋肉をつける事で身長を伸ばす事ができるという考え方もあるのです。

ですから、小・中学生でボディービルダー系の筋トレはもちろん身長を伸びづらくしますが、サッカーや野球などのスポーツ少年団や、部活動などでの常識レベルの行き過ぎない筋トレならば、ある程度は必須という事になるでしょう

スポーツによって先入観に惑わされないで!

お子さんの身長を考えた時に、スポーツをさせたいけれども、「○○のスポーツは背が伸びやすい」「○○のスポーツは背が伸びない」という先入観を与えるような事を周りから言われた事はないでしょうか。

こうした噂が先行してしまうと、せっかく興味を持って行うお子さんの運動欲を阻害してしまう事になります。

では、身長とスポーツの種類って関係あるのでしょうか。

バレーやバスケは身長を伸ばす?

bare

背が高いからバスケバレーをやっている人もいるでしょう。

自分の身長を活かせるスポーツですから。

ですが、バレーやバスケをする事で身長がグングン伸びるという事はなんの根拠もない事です

サッカーは身長を伸びにくくする?

一方で不安な噂が、いまや、小学生に大人気のサッカーをすると身長が伸びにくいと言われています。

もちろん、そんな噂も根も葉もない噂です。

おそらく、サッカーは走りっぱなしで足に負担がかかりやすくなるからというものでしょう。

確かに膝を酷使するような過度な練習を何時間も継続していれば、その見解も間違いではないでしょう。

現在活躍中のサッカー選手の身長平均は軽く175cm以上はあります。

中には180cmを超える選手もたくさんいるのです。

こうした根拠のない噂で、大人がお子さんの意欲を阻害してしまうのは良くない事ですね。

筋トレの仕方に問題があれば身長の伸びにくい体になる

筋トレが身長に良い悪いどちらに傾くのかは、未だにはっきり断言はできないのですが、一つはっきり言えるとすれば、どんな運動をするにしても、日頃の筋トレメニューに、膝に負担をかけない程度のメニューが組み込まれているかいないかによります。

簡単に言ってしまえば、昔でいう、ウサギ跳びなどを何往復もさせたり、グランドを何周もさせるような、スパルタ的な筋トレをさせられれば、成長軟骨に負担がかかり、身長の伸びにくい体になるのです。

骨は案外脆くて弱いものです。それが成長過程のお子さんならば、なおさらでしょう。

逆に身体を曲げたり、適度にジャンプがあったり、疲れない程度のランニングなら、成長ホルモンの分泌を促すため、身長が伸びやすくなると言えるのです。

トレーニング次第では、筋肉が身長を伸ばすことも、伸ばしにくくすることも…まさに紙一重とはこの事を言うのでしょう。

お子さんの筋肉と身長で悩むなら

もし、「未就園児や、小学生がから、なんらかのスポーツをスタートさせたいけど、身長に影響が出ないか心配…」という時は、そうしたスポーツ団体や部活、クラブなどを見学させてもらってから決断しましょう。

その時に注目したいのが、過酷な練習メニューを子供にやらせていないかどうかを見てください。

また、そこで活躍するメンバー達の体型を参考にしてみるのも良いでしょう。

あまりにも背の低い子達ばかりなら、やはり足に負担をかけた練習が多いチームなのかもしれません。

身長が伸びてから筋トレをするのはOK?

どうしても筋肉をつけたい場合は、身長が伸びきってから行うことをオススメします。

最近では筋トレに興味のある男の子も増えて、自分流に筋トレして筋肉をつけるケースも少なくありません。

確かに、筋肉=男らしさの象徴=かっこよさ などのイメージが強いのです。

特に異性の目を気にし始める思春期頃の男子には、密かにセミマッチョに憧れて筋トレをしているお子さんもいるかもしれませんね。

身長が伸びきってから筋肉をつける分には、当然ですが何の問題もありません。

筋肉が付いていると、成長ホルモンの分泌が阻害されやすくなりますが、身長が伸びきってから筋肉をつけても、身長が縮むという事はありませんので安心してください

反対に筋肉があまりにもないと、年齢と共に腰が曲がりやすくなったり、体を壊しやすくなってしまいますので、筋トレをすることは大切です。

また、激しい筋トレで無ければ、身長が伸びる前に筋トレをしても問題ありません。

ハードマッチョになってしまうほどの筋肉が付かないようにコントロールをして、トレーニングを行うことが大切と言えるでしょう。

筋肉があるともう身長は伸びない?

思春期の男子の中には、「既にマッチョなんだけど、もう身長を伸ばすことは出来ない?」このように感じる方もいるかもしれません。

確かに筋肉があまりにもあると、身長は伸びづらいのですが、決して全く身長が伸びなくなるという訳ではありません。

可能であれば筋肉量を少し減らすことをオススメしますが、せっかく育て上げた筋肉を減らすことにためらいがあるようであれば、そのままの状態でもOK!

その状態のままで、身長を伸ばすサプリを摂取することをオススメします。

身長を伸ばすサプリは、飲むだけで効率よく身長を伸ばす効果を得ることが出来る為、筋肉量が多く、身長が伸びづらい体をしていても、関係なく身長のケアをすることが出来るでしょう

筋肉はムキムキにあるけれど、身長が無いのがコンプレックスという方。

体は筋肉があるけど、身長が小さいから何だか間抜けに見える気がするという方。

せっかくつけた筋肉を後悔しない為にも、身長を伸ばしたいのであれば、サプリを試してみてはいかがでしょうか?

身長サプリを併用すれば、憧れの筋肉も高い身長もどちらもゲットできるのではないでしょうか!?まさに一石二鳥と言えるわけです。

まとめ

筋肉は適度についていた方が、見た目も身体的にも良いですね。

ですが、お子さんのうちから、あまりにもムキムキの筋肉をつけてしまうのは、成長軟骨に影響をきたし、身長を伸びにくくするのです。

また、適度な筋トレは逆に成長を助ける事も期待できるでしょう。

どちらとも断言できないため、コントロールが難しいのですが、身長サプリがあれば、多少筋トレの限度を間違えても問題ないかと思います!

また身長サプリならば、男らしい筋肉も憧れの高身長も両方ゲットできるのです。

>>身長を伸ばすサプリランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ